ANA 乗り物ネタ 搭乗レビュー

ANAの国内線用B777-300型機の窓なし席まとめ

投稿日:2021年1月31日 更新日:

 

ANAの国内線最大機種のB777-300。驚きの514席の座席数。繁忙期や修学旅行客等の団体客の輸送で活躍します。

しかし、本機には窓側席だけど窓がない、窓なし席が存在...

そんな訳で今回は、ANAのB777-300の窓なし席特集です。

 


ANAのB777-300(JA751A)。国内線機材最大級の514席仕様。今後の動向が気になる所。

 

スポンサーリンク

 

窓なし席は合計11席

ANAのB777-300の窓なし席は11席存在します。

飛行機における窓なし席はさまざまな要因で生まれますが、空調用ダクトによるものが多いです。機内の空調は主にエンジンで圧縮・加熱された空気と、冷たい外気を混合したものを使用して適切な温度を維持。機内の空気は天井から足元のグリル部へ流れ、数分で機内の空気すべてが入れ替わるように設計されています。よって、空気を機内へ送り込むには、構造上ダクトを壁に通す必要があるのです。

そこで生まれてしまったのが今回のテーマである「窓なし席」という訳。

事前座席指定時に窓なし席はブロックされている or 選択した場合でも忠告画面が表示されるため、まず座ることはないと思います。(一部のコアな窓なし座席ファンを除く)

 


B777-300の座席表。窓なし席は座席表上に青色にて注記されています(引用:ANA HP)。この場合、8番、12A、24番、29番、43番、44番の席が該当。

 

窓なし席のメリット
・壁にもたれかかれる
・謎のプライベート感
・空調ダクトに空気が流れている感じを間近に体感できる(かも??)

窓なし席のデメリット
・景色が見えない
・壁の圧迫感
・日差しが当たらない

公式HPの座席表はこちら↓↓
ANA ボーイング777-300 (773) 座席表

 

機外から見た位置関係

機外から見た、窓なし席の位置関係を画像でまとめました。

全体的に、まんべんなく窓なし席が存在しています。

 


B777-300の窓なし席(機外・左側)。窓なし席の発生原因は空調ダクトによるもの、胴体の構造体によるもの、非常口の位置関係によるもの等様々。12Aは左側のみ。

 


B777-300の窓なし席(機外・右側)。左側にのみ存在した12Aの窓なし席は右側には存在しません。R2ドア直後のトイレの箇所が窓なし部になっています。

 

スポンサーリンク

 

機内から見た窓なし席

では、実際に機内の窓なし席を見てみましょう。

左右対称の部位に関しては、右側(K席)のみ画像を掲載しました。

 

8番席(A or K)

8A・8Kに該当する窓なし席。Aコン最後部付近。

 


8A・8K席(画像はK席)。左側のA席も同じ位置関係なので、ここでは右側のK席だけまとめました。一応、前席の背もたれ部に窓があります。まったく景色が見えない訳ではなさそうです。

 

12番A席

12番A席。左側のみ存在。右側はトイレのため、そもそも窓なし席は存在しません。

 


12A席。こちらも窓なし席扱いですが、頭部の真横に窓があります。リクライニングすればちょうど良い窓位置になりそう。

 

24番席(A or K)

24番A席、24番K席に該当する窓なし席。

 


24A・24K席(画像はK席)。ここは完全に窓がないです。正真正銘のハズレ席。エアーダクト感が満喫できるかも??

 

29番席(A or K)

29番A席、29番K席に該当する窓なし席。L3・R3の非常口座席。

 


29A・29K席(画像はK席)。非常口座席の29番席。ドア部に縦長の窓があるので、水平飛行時は外の景色を眺めることができます。離着陸時の景色は無理ですが...足元広さを取るか、眺めを取るか。永遠の課題。

 

43番席(A or K)

43番A席、43番K席に該当する窓なし席。L4・R4の非常口直前の座席。

 


43A・43K席(画像はK席)。窓なし席扱いですが普通に窓があります。確かに、若干のズレはありますが。気兼ねなくリクライニング出来る、窓もある、隠れ勝ち席かもしれません。

 

44番席(A or K)

44番A席、44番K席に該当する窓なし席。L4・R4の非常口座席。

 


44A・44K席(画像はK席)。こちらも29番の非常口座席と同様の位置関係です。ドアに細長い窓があります。壁に寄り掛かりたい場合、凹凸のない窓なし席は最適かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、ANAの国内線B777-300型機の窓なし席になります。

座席表にも窓なし席が注記されているため、あえて指定するマニアは居ないと思いますが...

窓なし席表記の場所でも、8・12・43番席は窓が一応あります。8・12番は一部、43番席については普通に窓があり、景色は見えます。確かに、窓の位置ズレの問題はありますが...

窓なし席に割り当てられても、最後まで絶望してはいけません(笑)。

 

JALの国内線用B777-200の窓なし席まとめはこちら↓↓

JALの国内線用B777-200型機の窓なし席まとめ

  今年もボジョレーヌーボーが解禁されましたね。試しに買ってみました。 2016年の出来は「爽やかさと味わい深さのバランスが素晴らしい」らし ...

続きを見る

-ANA, 乗り物ネタ, 搭乗レビュー

Copyright© まったり空の旅 , 2021 All Rights Reserved.