ベトナム

ベトナム・ハノイ発の日帰りハロン湾クルーズに参加してみた

投稿日:2015年12月1日 更新日:

いよいよ12月。さんま祭りするぞ!!なんて騒いでた10月11月が懐かしい・・・

今回は夏に行ったベトナム旅行についてまとめました。
内容はベトナム旅行の中でも人気のあるハロン湾クルーズ

楽しんでってくださいな(^v^)

 

ハノイ市街地にて
原付バイクで賑わうベトナムの通勤・通学ラッシュ
朝の通勤・通学ラッシュの街中。まだまだバイクが移動の主役。

この日の予定は
ハノイ(朝)⇒ハロン湾(昼)⇒ハノイ(夜)
の朝から夜までの1日コース。

ハロン湾ツアー後にハノイ発の深夜便にて日本に帰国するという、ある意味強行ツアー。
実に中身の濃い1日でした。

 

スポンサーリンク

 

移動に利用したバス
ハロン湾クルーズツアーで乗車した日本人専用のツアーバス
日本人観光客専用のツアーバス。ベトナム人の日本語ガイド付き。

ハノイ市内のホテルで日本人観光客を回収していざ出発!
今回は約15人の参加。
老若男女の濃いメンバーでした(笑)

ちなみにバスはISUZU製。
♪はーしれはしーれ~イスズ~のトラック~

 

バス車内
ISUZU製マイクロバスの車内
普通に綺麗な車内。道路舗装がいまいちなので乗り心地は悪い。
ハノイからハロン湾までは片道約150km、4時間のバスの旅。
途中ドライブインで約30分の休憩あり。

ベトナムの道路舗装技術が低いのか、バスがよく揺れました。
特に郊外に行けば行くほど顕著で、上下にバスがバウンドすることもあったり。
揺れが激しいので心地よく睡眠できないです(笑)

 

ドライブインにて休憩
ベトナムのドライブイン兼お土産屋
途中のドライブインにて約30分の休憩。お土産も購入できた。
ベトナムコーヒーやらハスの実茶などを購入。

店員「もう1個買ったらバナナチップスサービスネ!!」
ということでいろいろ買った訳であります。

 

日本人客専用船でランチクルーズへ!!

2階構造の中型船にてシーフード料理を食べながらのハロン湾ランチクルーズへ。
船は今回参加したツアー客のみの日本人客専用。他国との乗合ではない。

ハロン湾は穏やかなので船上でも揺れがなく、船酔いの心配がない。

 

今回のシップ(BAI THO JUNK 59)
ハロン湾クルーズで乗船した船舶
「木で作りました!」感あふれる木造船。展望デッキ付きの2階構造。
いかにも東南アジア感あふれる船でクルーズへ。

船員さんの爽やかな笑顔がcool!!

 

船内(1階)
木材を多用したハロン湾クルーズ専用船の船内
木材を多用したアンティーク調な船内。そしてランチ会場でもある。地味にエアコン付き。
船にはトイレも設置されてるので安心。

アンティーク調な船内でまったり船の旅が始まります。タイタニックっぽいなぁ。
(地味にエアコンがあるけど使用してなかった。ちょっと海風が蒸し暑い・・・)

 

船内より
巨大な岩が並ぶハロン湾
ハロン湾を望む。あぁ~大きい岩。そして海。美しい・・・

世界遺産(自然遺産)にも登録されたハロン湾。
海の中にそびえ立つ岩山。壮大である。

モンゴル軍が侵攻してきた時には軍事的に利用されたとか。

 

シーフードランチ
ハロン湾クルーズ船内で提供されたベトナム料理の昼食
シーフードをメインとしたベトナム料理のランチ。333ビールと共に。

まずは春巻き的なものとイカの炒め物。
日本人の口に合う味付けでso good!!
この他にもご飯や野菜の炒め物、エビの塩ゆで、白身魚の甘酢和え的なものが提供されました。

シーフード祭りです!

 

小舟でやってくる船内販売員

クルーズ中に小舟が近づいてきた。
海賊が来たぞヤバイヤバイアッー!と思っていたら、ただの販売員でした。

現地の果物や獲れたて(多分)の海産物を販売してくれます。
果物は東南アジア名物のリュウガン。

海産物は蟹・貝・シャコなどがありました。生きた状態で。

 

船内販売(果物系)
ハロン湾クルーズ中の果物等の船上販売
現地の漁師や農家が小舟で乗り込んできていろいろ販売してくる。
東南アジア名物のリュウガンを購入。
値段は600円くらいだったかな?意外とお手ごろ価格。

あふれる果肉食感、So sweet...

 

船内販売(海鮮系)
船上販売で購入した蟹をゆでていただく
今度は海鮮系の販売。購入した海産物は船内で調理してくれた。(蟹を購入)

次に小舟でやって来たのは漁師。
せっかくなのでを購入。
値段は2000円とちょっと高め。

購入した海産物は船内で即調理してくれました。
蟹は塩ゆででシンプルに。

味はいいけど身が少なかったです。
身の少なさは毛蟹レベル。仕方ないね。

 

ハロン湾をゆく
ハロン湾の岩山と岩山の間を通過するクルーズ船
岩山と岩山の間をゆくクルーズ船。多くの船がクルーズを楽しんでいた。
見渡す限り岩山の数々。

まさにRock and Roll.

 

○○○岩
ハロン湾クルーズ名物のゴリラににた形のゴリラ岩
ある動物に似た形の岩。実におもしろい。

みんな大好きなあの動物に似た形の岩。
何かわかるかなぁ~?
正解は「ゴリラ」
ゴリラの形に似ていることからゴリラ岩と呼ばれているとか。

 

とある島で突然の鍾乳洞探索

ただハロン湾をクルーズして終わりかと思いきやそんなことはない。
とある島に寄港して鍾乳洞散策が始まりました。

岩山の中に鍾乳洞があるらしく、クルーズの定番コースになっているみたい。
多くのクルーズ船が寄港していました。

 

寄港するクルーズ船
鍾乳洞がある島と港
鍾乳洞がある島に寄港。多くの船が停泊していた。

ちょうど眠くなってきたので目覚ましにはちょうどよかった。
ちょっとした散歩です。

 

チケット
鍾乳洞への入場チケット
鍾乳洞へのチケット。チケット中には有名な岩の写真が。

 

鍾乳洞内部
カラフルにライトアップされた鍾乳洞内部
やけにカラフルな鍾乳洞内部。そして蒸し暑い・・・
赤黄緑青紫などカラフルにライトアップされた内部。Beautiful...

涼しいけど湿度が高く(100%)、ジメジメして何とも言えぬ環境。
でもカラフルで美しかったので良しとしましょう。

 

展望台より
小島から望むハロン湾とクルーズ船の数々
意外と陸地から近いハロン湾。そして多くの船。
運がいいのか悪いのか、晴れの天気。

とにかく日差しが強くて暑い!!

 

船内販売(雑貨)
貝細工の船上販売
最後の船内販売。今度は乗組員が雑貨を販売。
貝殻などを用いたベトナム工芸品の船内販売。

せっかくなので画像右端の手鏡を購入(自分じゃないです)。
3つセットで350円とかなりお得。

手鏡は空港にも売ってましたが・・・まぁ思い出ということで。

 

岩山を望む
ハロン湾クルーズ中の様子
どこを見ても岩山と生い茂る樹木。1つ1つも美しいが湾全体も美しい。
天気にも恵まれいいクルーズになりました。
晴れの天気もいいけど霧が出た曇りの日も幻想的でいいかも。

ガイドさん、船員さん、販売員さん、運転手さん、そしてランチの食材に感謝!!

 

ハノイのホテルにて
ホテルの屋上プールでのひととき
帰りの便までホテルにて休憩。チェックアウト後だったが、快くシャワーを貸してくれた。優しい。

帰りの約150km、4時間のバスの旅を終え無事にハノイ市街地に到着。
ハノイ到着は夜。

この後ベトナム航空にて日本に帰国しました。
ちょっとハードスケジュール。だけどそれがまたいい。

日帰りでも充実した内容だったハロン湾クルーズ。
ベトナムに来た時は是非!!

0

-ベトナム

Copyright© まったり空の旅 , 2019 All Rights Reserved.