IBEXエアラインズ 乗り物ネタ 搭乗レビュー

IBEXエアラインズのCRJ700型機の座席の広さ・快適さのまとめ

投稿日:2021年3月6日 更新日:

 

日本で唯一CRJシリーズを使用するIBEXエアラインズ。

世界的にレアなリアエンジン機に乗れる、国内唯一のエアラインでもあります。

そんな訳で今回は、IBEXエアラインズのCRJ700のシート特集です!!

 

IBEXエアラインズのCRJ700型機
IBEXエアラインズのCRJ700(JA06RJ, 中部国際空港にて)。日本のエアラインで唯一のリアエンジン機。

一昔前であれば、リアエンジン機といえばJ-AIRのCRJ200やJAL・JASのMD-80シリーズが飛んでました。しかし、今やレア機材になってしまいました。現在、国内で乗れるのはIBEXのCRJ700だけです。

 

スポンサーリンク

 

リアエンジン機のCRJ700

胴体後部にエンジンを装備するCRJ700型機。

エンジンから遠い前方席ほど騒音が小さいため、快適に過ごせるかもしれません。逆に、エンジンの爆音を楽しみたい方は後方席をおススメします。

全席エコノミーの70席仕様。2-2配席のため、不人気な中央席が割り当てられることがありません。小さい機体の長所ですね。

 

CRJ700型機の座席表
CRJ700型機の座席表(出典:IBEXエアラインズ HP)。全席エコノミーの70席仕様。最前列と非常口座席は足元が広いです。機体後部にエンジンが装備されているため、前方席は騒音が小さいです。

エンジンマニア的にはエンジン直前の20Aの席がおススメです。

 

座席位置ごとの広さ

最前列・非常口・最後部の座席について、それぞれ比較しました。

最前列席・非常口席は広いです。その他の普通席は一般的な広さでした。

 

後方から見た機内の様子
2-2配席のCRJ700の機内。天井高さは若干低め。身長190cm以上の人の場合、頭部が接触するかもしれません。ライバルのJ-AIR・FDAのE170やE175よりも機内幅・天井高さともに若干窮屈に感じました。

 

最前列座席(1列目)

1列目の座席は足元が広いです。足元が広く、降機も早くできるため競争倍率は高め。

エンジンから最も遠いため、機内で一番静かな座席です。(多分)

 

最前列座席
最前列座席。文句なしの足元広さ。前方は壁のため圧迫感があります。アームレストが上がらない点が唯一の欠点。

 

非常口座席(15列目)

機体中央部15列目の非常口座席。こちらも1列目と同様に足元が広いです。

欠点は、翼の上&窓の位置ズレといったところでしょうか。

こちらもアームレストは固定式です。

 


機体中央部の15列目の非常口座席。窓の位置がズレています。翼の上のため、機窓はいまいち。足元の広さは文句なしですが...

 

普通席(1・15列目以外)

最前列席・非常口座席以外の普通席。ほとんどの人はこちらにお世話になることでしょう。

足元広さは普通。大手やライバル機のE-Jetシリーズと同じ広さです。

機体は小さいですが、座席は大型機と変わりません。

 

普通席の様子
最も多くの人がお世話になるであろう普通席。革製。画像は機体最後部の座席。全体的に柔らかく、座り心地は良いです。機内エンタメ機能は未装備。

 

CRJ700の座席の足元の広さ
足元の広さ。大型・中型機と同等のゆとりあるスペース。

 

握り拳1個分の広さ。スマホは1台分の幅。苦痛に感じることはないと思います。

 

座り心地レビュー

全体的に柔らかめの革製、頭部はまぁまぁ反発系、足元は握り拳1個分、座席幅は普通革、革の触り心地は良い。

座席の柔らかさ
★★★★

 

機内の壁の突起
CRJシリーズ特有の壁の出っ張り。少々邪魔です。機体設計上仕方ないのですが。

 

座席下のスペース
エンタメ機器の収納BOXや座席の骨格がないため、座席下スペースは広々しています。E-Jetシリーズと似た設計。

 

テーブル
広々としたテーブル。テーブル中央部に窪みが設けられています。これで、お腹が出た人も大丈夫。

 

座席上部とヘッドカバー
座席上部。モニターはありません。IBEXエアラインズの親会社、財務会計ソフトで有名な日本デジタル研究所(JDL)のキャラのヘッドカバー付きでした(搭乗当時)。

 

着席時の機内の様子
着席時の機内の様子。LED照明と大型の窓のおかげで機内は明るいです。

 

スポンサーリンク

 

その他の機内設備

トイレは機体最後部の1箇所だけ。人の出入りが気になるかもしれません。

最後部にはCAさんのジャンプシートがあるため、離着陸時はCAさんと並んで着席することになります。

CRJシリーズならではの体験ですので、最後部に着席した際は是非。

 

機内最後部のトイレ
機内最後部のトイレ。CRJ700は1箇所のみ。室内は若干窮屈。

 

機体最後部のCAさん用のジャンプシート
機体最後部のCAさんのジャンプシート。離着陸時は乗客の座席と並んで座ることになります。レアな体験。

 

ライバル機と同等の足元広さ

ライバル機である、J-AIR・FDAが保有するE-Jetシリーズと足元は同等。

機内高さはE-Jetシリーズの方に軍配が上がります。

 

FDAのE175型機
FDAのE175型機。CRJシリーズよりもスタイリッシュさは劣るものの、機内は広い。

 

FDAのE175の座席広さ。IBEXのCRJ700と足元広さは同様。

 

IBEXエアラインズのCRJ700の座席をもう1度。足元広さはライバル機と同等です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、IBEXエアラインズのCRJ700の座席のまとめになります。

機体は小さいですが、座席は大型機・中型機・小型機・ライバルのリージョナルジェット機と変わりません。どれも握り拳1個分の足元広さです。

欠点は機内の天井高さと壁の出っ張り。ここが少々気になりました。

素晴らしい機体なので、是非とも搭乗していただきたい1機です。

 

・最前列と非常口座席は足元広め
・他機種と同等の足元広さ
・革製の全体的に柔らかめの座り心地
・機内エンタメ機能未装備
・機内天井高さは低め

 

IBEXエアラインズのCRJ700の搭乗記はコチラ↓↓

【搭乗記】IBEXエアラインズのCRJ700で名古屋から仙台へ

  先日は初の学会発表に行ってきました。大学生といえば学会発表。 発表すれば実質無料で旅行できるのでおすすめ(^.^)チャレンジしてみては? ...

続きを見る

 

-IBEXエアラインズ, 乗り物ネタ, 搭乗レビュー

Copyright© まったり空の旅 , 2021 All Rights Reserved.