FDA クレイジーな旅 乗り物ネタ 国内ネタ 長野

松本空港から沖縄まで定時退社後の同日中に行けるようになった件

投稿日:

 

2021年8月27日に2便化した松本空港の神戸線。

複線化によって、松本から神戸経由で沖縄まで夕方出発でも行けるようになりました。

そんな訳で今回は、定時退社後でも行ける!松本から沖縄特集です(需要があるか不明ですが...)。

 

松本空港を出発するFDA
夕方に松本を出発するFDA。神戸便の増便によって、夜の撮影ができるようになりました。冬季の日の入りが早い季節に期待です。

 

スポンサーリンク

 

神戸線の増便

2021年8月27日に2便化した神戸線。

増便となった夕方便は松本を18:30に出発し、19:35に神戸に到着します。

神戸まで1時間のフライト。電車やバスよりも圧倒的に楽です。

 

松本空港の神戸便のスケジュール
松本空港の神戸便のスケジュール(引用:松本空港 HP / 記事執筆時)。18:30に松本を出発、19:35に神戸に到着。逆に、神戸からの便は17:00発、18:00松本着で所要時間が5分短くなっています。

 

定時退社できればその日のうちに沖縄へ行けます

定時の時間は各社ばらばら。今回は17:00と仮定します。

遅くとも18:00までに松本空港に到着出来れば、その日のうちに沖縄まで行けます。

今回は神戸線増便時のタイムスケジュールで話を進めます。

 

松本空港

余裕を考えて、遅くとも18:00までに松本空港に到着する必要があります。

FDAの公式HPによると、出発時間の15分前までに搭乗手続きを終えている必要があるとのこと。

神戸便出発が18:30なので、18:15が締切という訳です。

 

搭乗までの時間
FDAの搭乗までの流れ。出発時刻の15分前までに搭乗手続きを完了する必要があります。混雑や予期せぬトラブルに備えて、余裕を持った行動をおすすめします。

まぁ、松本空港で大きな混雑はあまり発生したことがありませんが。機材は約80人乗りなので、大型バス2台分の混雑度合いと考えればそこまで心配はいらないかもしれませんが念のため。

 

松本⇒神戸

いざぁ神戸へ。約1時間のショートフライト。

夕方のフライトのため、窓からは夕暮れの景色が満喫できることでしょう。

運賃は最安値で12,800円でした(記事執筆時)。

 

神戸便のルート
とある日の松本=神戸の飛行ルート。ほぼ一直線で神戸まで。機体の右側には若狭湾が、左側には琵琶湖や大阪市街地の景色が見えるはずです。

 

神戸空港にて

定刻だと19:35に神戸に到着しているはず。

ここで、21:00神戸発のスカイマークの那覇便に乗り換えます。

乗継時間は約1時間30分。少々到着が遅れても、乗継が失敗する可能性は低いと思われます。

 

神戸空港の時刻表

神戸空港の那覇行きの時刻表(引用:神戸空港 HP / 記事執筆時)。21:00発のスカイマークに乗り換え。2時間のフライトで那覇の到着は23:00。定時退社出来ればその日の23:00に松本から沖縄まで行けるのです(笑)。

乗継時間も1時間30分と余裕があるため安心です。神戸空港で夕食も食べることができることでしょう。

 

神戸⇒那覇

スカイマークにて約2時間のフライト。

運賃は最安値で8920円でした(記事執筆時)。

 

上空から眺める夕焼けの景色
スカイマークの飛行時の様子(イメージ)。機材はB737-800でFDAのE170・E175よりも一回り大きいです。

 

那覇空港

23:00。無事、那覇空港に到着。

手荷物の引き取り等で、空港を出れるのは23:20頃なのでは。

市街地行きのゆいレールの終電は23:30。ギリギリ乗れるかどうか...

 

那覇空港の様子
定時退社できれば、その日の夜のうちに沖縄まで来れてしまいます!松本から神戸経由で那覇まで。これも、神戸線複線化のおかげですね。

 

ゆいレールの時刻表
ゆいレールの那覇空港駅の市街地方面行きの時刻表(引用:ゆいレール HP / 記事執筆時)。終電は23:30。最悪の場合、乗り遅れても約2500円で国際通りまでタクシーで行けます。ホテルの場所次第ですね。

 

同日中に那覇入りするメリット・デメリット

正直なところ、メリットはあまりありません。

強いて言えば、翌日の早朝から行動できる点でしょうか。

簡単にまとめました。

 

メリット
・定時退社後の夜に沖縄成分を補給できる

・松本から2回も飛行機に乗れる
・荷物を持った移動が少ないため大きな荷物でも安心
・東京や名古屋などの主要空港までの交通費が不要
・松本空港の駐車場が無料

 

デメリット
・時間に余裕がない
・2便分のチケット(最安値片道2万円)の手配と那覇でのホテル代が必要
・東京や名古屋からの直行便よりも高くなる場合がある
・欠航や遅延により乗り遅れのリスクあり
・松本空港まで車で来た場合、帰りも空港まで車を回収する必要がある
・神戸経由で帰る場合、那覇をお昼に出発する必要があるため滞在時間が短くなる

 

旅程まとめ
松本空港18:30 ⇒ 神戸空港(着19:35 / 発21:00) ⇒ 那覇空港23:00

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、松本空港から定時退社後に行ける沖縄特集でした。

定時退社後のその日のうちに松本から沖縄に行きたい人は是非、試してみてください。

正直、メリットはありません(笑)。

願わくは、松本=那覇の直行便の就航...

私もコロナが落ち着いたらこの旅程を試してみたいと思います。

 

-FDA, クレイジーな旅, 乗り物ネタ, 国内ネタ, 長野

Copyright© まったり空の旅 , 2021 All Rights Reserved.