海外の航空会社(その他)

インドのLCC,スパイスジェット搭乗記@ニューデリーからベナレス編

投稿日:2014年12月7日 更新日:

 

今回はニューデリーからベナレス(バラナシ)へ移動時に利用したスパイスジェットの評判や口コミなどを自分の体験を交えてまったり書いていきます。

スパイスジェットはインドのLCCとして有名な航空会社。
ガンジス川の観光地として有名なベナレスまで首都ニューデリーから1時間20分で飛びます。
今回はインド旅行の時に利用したスパイスジェット(SpiceJet)特集です!

 

搭乗DATA
航空会社:スパイスジェット
搭乗日:2011/8
路線:ニューデリー⇒ベナレス(バラナシ) (発9:45⇒着11:05)
便名:SG116
座席:05A
機材:B737-800(VT-SGJ) 機齢6年

 

自分にとって初のインドのLCC。
というよりも普通はインドのLCCなんて乗らないよなぁ。

日本のLCCは安全面など厳しそうですが、インドのLCCともなると正直少し不安です。
さて、運命やいかに。

 

インディラガンディー国際空港に設置されたスパイスジェットのB737のモニュメント
インディラガンディー国際空港に到着。
空港の入り口にはスパイスジェットの宣伝的なものがありました。

モニュメントはB737-800です。意外と細かい所まで再現されていました。

 

スポンサーリンク

 

インディラガンディー国際空港の外観
空港の敷地内に入りました。
インドの首都の空港ということもあり広い!今回は国内線を利用するのでターミナル1へ向かいます。

 

インディラガンディー国際空港のターミナル1
完成したばかりの空港なのでインドにしては案外綺麗です。
送迎用の車が混沌としていました。そして鳴り響くクラクション。さすが海外。

 

インディラガンディー空港国内線ターミナルビル内の様子
空港内の様子
解放感があって綺麗な空港内です。

時々天井付近をが飛んでいたので羽ばたく音がしました。
なぜか天井付近に巣のようなものがありました(笑)

さすがインド!

空港内の警備員が銃を持って警備していました。
ライフル銃(FAL)を携帯していました(゜o゜)
日本ではこのような光景を目撃することはないので新鮮でした。
警備に対する意気込みが違いますね。

 

インディラガンディー空港国内線ターミナルに並ぶindigoとスパイスジェットの機体
ターミナルビルより駐機場を臨む。
画像左の航空会社はインドのLCCのインディゴ、右は今回搭乗するスパイスジェットです。
どちらもインドを代表するLCCです。

赤と青のコントラストがイイ!!

 

インディラガンディー空港国内線ターミナルの駐機場の様子
駐機場の様子
空気が汚いせいか、遠くが霞んでいます。

そして若干窓が汚い(+_+)

 

インド軍のIL-76型輸送機
駐機場を見ていると、何とインド軍のIL-76型輸送機が登場。
日本では滅多に見ることの出来ない機種だけにテンションMAXでした(笑)

まさかインド軍のIL-76を空港で見ることが出来るとは思いませんでした。
ロシア機の独特のデザインもいい。

 

インドの空港内にあるケンタッキーフライドチキン(KFC)
空港内にインドのケンタッキーフライドチキン(KFC)がありました。
インドはヒンドゥー教が多数を占めるのでメニューも鶏肉ばかりです。
(KFCだからチキンばかりなのは当たり前かw)

さすがに牛肉はないです。

 

スパイスジェットのランプバス
手荷物検査を終え、連絡バスにて搭乗機へ向かいます。
バスはちょっと古め。シートがくたびれた感があります。

 

今回の搭乗機のスパイスジェットのB737-800型機(VT-SGJ)
いよいよスパイスジェットに搭乗です。名前にインドらしさが出ています。
スパイスが効いていそう・・・

今回搭乗する機材は比較的新しい機齢6年ということもあり墜落の心配はなさそうです。
インドの航空会社ということもあって少し心配ですが・・・

 

スパイスジェット搭乗時の様子
いざ搭乗!
搭乗客はインド人が大多数を占めますが中には外国人もいます。
やっぱりベナレスは人気ですね。

 

今回の座席はココ↓
スパイスジェットの座席表と自分の席の位置
チェックイン時に特に要望など伝えなかったけど機体前方の席になりました。
翼の上の席じゃなかったので助かりました。

海外だと上手く席の要望を伝えることが難しいので英語力を何とかしてつけたいな。

 

スパイスジェットの機内から望むB737-800型機のエンジンと翼
機内から見た景色。エンジンの回る様子がこの座席からは見ることが出来ます。
いつもは機体後方の席ばかりですが、たまには前方の座席もこのような景色が見えるからいいね。

 

インドのLCCインディゴのA320型機
機内より見た隣の飛行機。
隣の飛行機はスパイスジェットのライバルのLCC、インディゴです。
機材はA320を使用しています。

 

そしてタキシング開始。いざ滑走路へ!

先行機の離陸待ちで10分程度待ちました。
B737の離陸にしては滑走時間が長かった。
短距離路線だから機体重量は軽いはずなのになぜだろう。まぁいっか。

いつ滑走路から機体が離れるのかどきどきしたが、無事離陸。いざベナレスへ。

 

スパイスジェットの機内から望むB737-800型機のエンジンと翼
飛行中。1時間20分の短い時間のフライト。
雲が多くて地上の景色はよく見えません。

機内では小さいペットボトルの水が配られました。200ml程度か。
他のサービスはなかった。

名前がスパイスジェットというくらいだからカレーでも出てくるかと期待したのに残念(^v^)
機内は掃除とか念入りにされていないのか、少し汚れている所があった。
まぁLCCだから仕方ないけど。

 

ベナレスの空港にて撮影したスパイスジェットのB737-800型機
無事ベナレスに到着しました。そして蒸し暑い!

画像のように飛行機からターミナルビルまでは歩いて向かいます。
順調で快適なフライトでした。

 

まとめ
・機内ではペットボトル入りの水が配布された
・スパイスジェットの機材はそこそこ新しいものが多い
・機内サービスは水の配布以外なかった
・機内はちょっとくたびれていた

 

評価
機内食(水のみ配布)
★★☆☆☆

シート
★★★☆☆

機材コンディション
★★★☆☆

機内スタッフ
★★★☆☆

エンターテイメント
★★★☆☆

時間の正確さ
★★★★☆

総評
★★★☆☆

0

-海外の航空会社(その他)

Copyright© まったり空の旅 , 2019 All Rights Reserved.