バニラエア

バニラエア搭乗記@最前列リラックスシートで台北から成田編

投稿日:2014年12月16日 更新日:

 

今回は台湾(台北)から成田へのバニラエアの評判や口コミなどを自分の体験を交えてまったり書いていきます。

バニラエアの運行路線の中でも特に人気の高い台湾路線。安く台湾に行けるのはありがたい。
今回はちょっと奮発してリラックスシートです!

 

搭乗DATA
航空会社:バニラエア
搭乗日:2014/3
路線:台北⇒成田 (発17:50⇒着22:20)(現地時間)
便名:JW104
座席:1A
機材:A320-216(JA03VA)  機齢3ヵ月

 

今回はバニラエアの中でのレア?な座席、リラックスシート特集です。

LCCでリラックスシートのような特別な座席に座るのは今回が初めてなので少し興奮しました。
しかも座席は1A。1番です!!

リラックスシートは普通席の座席指定料金に加えて、更に追加料金が必要になります。
でも、リラックスシートにはそれ以上の価値があるように感じました。
この程度の出費なら全然苦ではありません。

往路の時のような前席がフル角度で倒してくるような狭い思いだけはしたくありませんし((+_+))

そんな訳でバニラエア搭乗記台北=成田間についてまったりまとめました。

 

スポンサーリンク

 

台北桃園国際空港の搭乗口の様子
搭乗待合室の様子。コンクリートの無機質な造りが海外らしさ満点です。
待合室に設置してあった自動販売機にて機内持ち込み用の飲み物を買う人がちらほらいました。

 

エバー航空の印紙にプリントされたバニラエアのチケット
搭乗券。用紙はエバー航空のものですが、搭乗するのはバニラエア。

出発時間が近づいているのにも関わらず、機材がなかなか来ない・・・
そんな心配をしていると白い機体が現れました。
使用機材の到着が遅れたため、搭乗時刻20分遅れました。

 

搭乗機のバニラエアのA320-200型機(JA03VA)
今回の搭乗機のA320-200型機(JA03VA)。機齢3ヵ月の新品の機材!
LCCは機材が比較的新しいものが多いのでイイネ(^◇^)!!

 

搭乗口のバニラエアの表記
電光掲示板。バニラエアの黄色が鮮やかです。
台湾ではバニラエアのことを「香草航空」と表記するらしいです。

 

B3搭乗口からのバニラエア搭乗時の様子
いざ、搭乗!台湾路線は人気なので今回も搭乗率は8~9割でした。

 

今回の座席はココ↓
バニラエアのA320型機の座席表と自席の位置
今回の座席はリラックスシートなので足元が広い最前列のシートです。
運賃に1000円追加することでこの座席を指定することができます。(記事執筆当時の価格)

旅行帰りなど疲れた時にこの座席を利用できると思うと安いのではないでしょうか。

 

機内最前列に設置された足元が広いバニラエアのリラックスシート
今回の座席であるリラックスシート。やはり普通の座席と比べると広いです。
これなら往路で体験した屈辱的な狭さに苦労することなさそうです。(詳しくは成田から台北編を参照)

 

機内最前列に設置された足元が広いバニラエアのリラックスシート
大人1人がここのスペースで体操座り出来る程度に広いです。
普通席よりも広いのは確実です。

 

最前列の窓から望む搭乗橋の内部
窓からはボーディングブリッジ内部を見ることができます。
搭乗時には乗客が乗り込んでくる姿を見ることもできます。

こんな光景はなかなか見えません。

 

機内に乗り込む台湾の地上職員
台湾の地上職員の方が機内に乗り込み、CAさんと打ち合わせ中。
こんな光景を見ることが出来るのもこの座席の醍醐味。

 

機内最前列にて出発前の最終チェックを行うバニラエアのCAさん
この座席からはCAさんが働く姿を見ることができます。
青色の制服が鮮やかですね。

離着陸時は視界正面にCAさんが着席するので恥ずかしがり屋さんは困るかも。

 

出発時の様子と機内から見えるA320型機のエンジンとウイングレット
ボーディングブリッジが外され、いよいよ出発です。
使用機材の到着が遅れたため20分遅れでの出発です。

隣にはキャセイパシフィック航空のB777が駐機しています。
やはりこの機材と比べると大きいです。

 

出発時に外されたボーディんグブリッジを機内から眺める
ボーディングブリッジが外されました。さよなら台湾!

 

折りたたみ式のテーブルとお茶
テーブルは折りたたみ式なのでひじ掛けから引き出す必要があります。
ちょっとガクガクして強度的に不安になりますが、普通に使えます。

画像中の缶飲料は搭乗前に自販機で買いました。

 

台湾の自動販売機で購入した冬瓜茶
何だかよくわからない飲み物。海外らしさ満載です。
冬瓜茶」というみたいです。味はとうもろこし茶に砂糖を混ぜた感じ。

まずくはないが、おいしくもない。でも飲んでしまう不思議な味。

 

シートベルトに装備された飛行機用のエアバッグ
シートベルトはなんとエアバッグ付きです。
画像ではわかりにくいですが、若干膨らみがあります。
装着感は厚みがあって普通のシートベルトに比べると悪いです。

 

シートベルトに装備された飛行機用エアバッグ
エアバッグということなので事故時は車と同様に顔面および上半身を守るように展開します。
これで事故時も安心ですねw(^O^)/

 

座席上部の照明と空調類
座席上部の照明類。新品の機材ということもありすごく綺麗です。
白さが維持されています。

 

バニラエアの最前列座席のリラックスシートの足元の広さ
気になる足元の広さ。足元を上部から撮影しました。
普通に足を置いても膝が接触することなく、快適です。
まだまだ余裕があります。

残念ながら足元には手荷物を置くことが出来ないので要注意です。

 

バニラエアの最前列座席のリラックスシートの足元の広さ
かなり足元に余裕があります。
これなら窮屈な重いをすることなくフライトを楽しめそうです。

欠点を1つ挙げるとすれば、シートポケットが小さいので飲み物などが収納しにくい点でしょうか。

 

バニラエアの最前列座席のリラックスシートの足元の広さ
こんな風に足も組めます。そのくらい広いです。
足を組んでもまだまだ余裕があります。

+1000円なら毎回利用する価値充分にあります!(価格は記事執筆当時)

 

折りたたみ式のテーブル
テーブルはこんな感じに折りたたみ式です。
画像はひじ掛け部分から取り出した所です。これを展開してテーブルとして使います。

 

機内最前列に設置されたCAさん用のジャンプシート
CAさんが着席する座席が視界前方に2席あります。
もちろん離着陸時は自分と向かい合って座ることになります。

でも目線のやり場に困ることはなく、特に気になりませんでした。

 

バニラエア機内で購入した機内食
購入した「ごろごろ野菜と柔らかお肉のデミグラスソース」。お値段700円
ネットでは肉が硬くてあまりおいしくないとの評価が見られましたが、自分の注文したものは柔らかくクセのない味でおいしかったです。

季節によってメニューが変わるので事前に確認することをおすすめします。(搭乗日は3月)

 

成田空港到着時の様子
順調にフライトが進み、無事成田空港に到着しました。
バニラエアは経営破綻時に退職した元JALのパイロットなど経験者を採用していることもあり、腕がいい気がします。あくまで個人的な感想ですが。

着陸時もショックの少ない接地で感動しました。

 

機内から望む搭乗橋
日本に帰ってきました!職員さんも待機中。

 

機内から見える窓ガラスに密着するボーディングブリッジのクッション部
ボーディングブリッジのクッション部が窓に密着します。
そのためか、うっすら窓に傷らしきものがついていました。

こんな光景が見えるのもこの座席だけ!

 

到着地の成田空港から望む台湾からの搭乗機
成田空港から搭乗機を望む。
短いフライトでしたが、快適なフライトでした。

 

成田空港第2ターミナル内のビル間連絡通路
ターミナルビル間を連絡する通路を通って手荷物を受け取りに行きます。
ここを黄色いシャトルが運行していた時代が懐かしいです。

現在,バニラエアはLCCターミナル(成田空港第3ターミナル)を使用するため,
成田到着後の流れは本記事と異なります。

 

まとめ
・リラックスシートは運賃+1000円で利用可能
・足元の広さは文句なし。足が組める程度。
・テーブルはすこし強度が不安だが、通常使用なら問題なし
・シートポケットが小さめなので飲み物の収納に難あり
・ドアの開閉やCAさんの仕事姿など普段目にすることのできない光景を見ることができる

 

評価
機内食
★★★★☆

シート
★★★★☆

機材コンディション
★★★★★

機内スタッフ
★★★★☆

エンターテイメント
★★★☆☆

時間の正確さ
★★★★★

総評
★★★★☆

0

-バニラエア

Copyright© まったり空の旅 , 2019 All Rights Reserved.