エアアジア・ジャパン

エアアジア・ジャパンの座席の広さ、快適さを検証してみた!!

投稿日:2018年11月26日 更新日:

 

今年も残すところあと2ヵ月。最近、時間の流れの早さに驚かされます。
1日1日を特濃ミルクのように濃く生きたいですね...

そんな訳で今回は、名古屋拠点で運航しているLCCの1つ、エアアジア・ジャパンのシート特集です!!

 

LCCの代名詞的存在のエアアジアグループ。
ここでは、グループの中でも日本を拠点とする、エアアジア・ジャパンの機材について紹介します。

 

エアアジア・ジャパンのA320型機
エアアジア・ジャパンの機材(A320-200, JA01DJ, 新千歳空港にて)
基本塗装は本家と同様。とにかく赤い。

 

スポンサーリンク

 

他社LCCと同様の機材&座席数

エアアジア・ジャパンの保有機材は、他社LCCでも運用中の定番のA320型機。

ジェットスターピーチバニラエアなど日本を代表する他社LCCでもA320を運用している。

他社と同様の全席エコノミークラス180席設定。

シートピッチは約28~29インチ(大手は31~34インチ)
手入れ・メンテナンスの楽な革製シートを装備する。

 

シートごとに異なる座席指定料金

LCCの定番でもある座席指定料金制をエアアジア・ジャパンでも採用。

事前に座席指定しなかった場合は自動的に割り振られる。
どこの席に割り当てられるかは当日の楽しみ。

名古屋=札幌路線の場合の指定料金
ホットシート(1列目:1000、非常口座席12・14列:900円、前方2~5列目:700円)
スタンダードシート(前方600円~後方400円)
(記事執筆時の参考価格。最新情報の確認をお願いします。)

 

他社LCCよりも足元が広い勝ち席の指定代金が安めの印象。
スタンダードシートの区画ごとの値段設定が細かめ。

 

座席表
エアアジア・ジャパンのA320型機の座席表
全席エコノミーの180席設定。座席の場所で座席指定料金が異なる。
他社LCCのA320と同様の座席数。

 

後方から見た機内の様子
機内の様子。シンプルな黒色の革製シートが並ぶ。
前方のホットシートには赤色のヘッドカバーが掛けられている。

 

着席時の機内の様子
機内の様子(着席時)。標準的なA320と同様の客室。
機体も新しく、清潔感満点。

 

最前列座席(1列目:ホットシート)

1列目の最前列座席
機内の最前列席。足元の広さはビジネスクラスレベル!!
誰よりもいち早く降機可能。機内販売も一番早く購入できる。

気になる座席指定料金は...1000円!!(名古屋=札幌路線・参考価格)

機体前方のためエンジンの騒音も小さく、快適な空の旅を約束してくれること間違いなし。
他社LCCよりも指定料金が安め(2000~3000円のLCCも)。

 

非常口座席(12・14列目:ホットシート)

翼の上の非常口座席
機体中央部の12・14列目の非常口座席。計12席の設定。
非常口座席の仕様上、リクライニングが不可などの制約があるものの、足元の快適さは抜群。

気になる座席指定料金は...900円!!(名古屋=札幌路線・参考価格)

席の位置が翼の上なので、窓からの景色には期待できない。残念。

また、緊急時にはCAさんから援助をお願いされる場合があるため、心構えしておくこと。

 

真横から見た非常口座席
真横から。1列目ほどではないが、スタンダードシートよりも足元は広い。
景色のいまいちさだけがマイナスポイント。

 

スタンダードシート(1列目, 12・14列目以外)

普通席の全体像
最も多くの人がお世話になるであろう普通席。詰め込み窮屈仕様(LCCのお家芸)
高級感?漂う革製シート。エンターテイメント機能・電源コンセント未装備。ただの座席。

事前座席指定料金は...400~600円!!(名古屋=札幌路線・参考価格)
同じスタンダードシートでも、前方座席の方が価格が高くなる。

別に席はどこでもいい!!という方は指定しなくてもOK。自動的に適当な席が割り当てられます。

 

真横から見た普通席
真横から。シックな色合いの革製座席。
赤色のシートベルトとのコントラストが良い感じ。

 

エアアジア・ジャパンの座席の足元の広さ
足元の広さは他社LCCと同等レベル。シートピッチは29インチ(約74cm)
広くもなく、狭くもなく。若干の窮屈感はある。LCCだからね、仕方ないね。

座り心地はやや柔らかめ(個人的な感想)
柔らかさ★★★★☆

座席生地表面の触り心地はやや固め。
革製シートなので触り心地と質感は良いが、長時間のフライトとなると背中が蒸れてくる感じがする。

座席左右のホールド感ややあり。

 

他社LCCと同様の座席間隔(シートピッチ)

快適さを大きく左右するシートピッチの一覧をここに載せておきますね

・エアアジア・ジャパン(A320)⇒29インチ(約74cm)
・ジェットスター(A320)⇒29インチ(約74cm)
・ピーチ(A320)⇒29インチ(約74cm)
・JAL(国内)⇒31インチ(約78.7cm)
・ANA(国内)⇒31インチ(約78.7cm)

大手のJAL・ANAの普通席と2インチの差がある。
たかが2インチ、されど2インチ。約5cm。この差は実に大きいものです。

 

真上から見た前席との足元の広さ
前席とのスペース。
膝が接触することはないが、十分なスペースがあるとは言えない。

 

指2本分の足元スペース
指2本分のスペース。他社LCCと同等レベル。

 

スマホ(Xperia X compact)2.5台分の足元の広さ
スマホ2.5台分の厚さのスペース。ちなみに、スマホはドコモのXperia X Compact。

 

座席周辺の装備

シート周りの装備品を見てみましょう。

とは言っても、LCCなので豪華な装備はないです。
オーディオもモニターも未装備。

座席回りの装備も他社LCCと同様です。

 

エアアジアのロゴが刻まれた座席カバー
座席カバーにはAirAsiaのマーク。
エアラインの個性あふれる悪くないデザイン。

 

特筆すべき点のない一般的なテーブル
テーブルも一般的。一枚板タイプ。
他社のように、腹部の窮屈さを低減する中央部のくぼみは省略されている。

 

天井の読書灯と個別空調
個別空調、読書灯など。一般的なA320スタイル。

 

 

以上、エアアジア・ジャパンの座席の広さ・快適さのまとめとなります。

LCCなので狭いのは仕方ない...。狭さは他社LCCと同等です。

座り心地は普通ですね。可もなく不可もなし。
革は高級感があっていいと思います。好みが分かれそうですが。

座席の柔らかさは他社よりも上回っていたように感じました。
革席座席は固めの座り心地になりがちですが、これには感心。

数時間の短距離路線なら十分満足できる座席かと思います。

快適な空の旅を!!

 

まとめ

・座席位置ごとに座席指定料金が異なる
・全席革製の黒色シート
・座り心地は他社よりもわずかに柔らかめ(個人的な感想)
・座席間隔は29インチ(74cm)、他社LCCと同等レベル
・音楽などのエンターテイメント機能、電源コンセントなし

 

エアアジア・ジャパン搭乗記はコチラ↓↓

エアアジア・ジャパンDJ1便搭乗記@早朝の名古屋から札幌・新千歳編

お久しぶりです。 最近私生活が人生の山場を迎えているため、低めの更新頻度となっております。あと少し...   先日のエアアジア・ジャパンのセ ...

続きを見る

 

0

-エアアジア・ジャパン

Copyright© まったり空の旅 , 2019 All Rights Reserved.