乗り物ネタ

火山が旅客機に及ぼす飛行ルートへの影響比較

投稿日:2014年9月28日 更新日:

 

2014/09/27に突如噴火した御嶽山。

一刻も早い登山者の救出を祈りたいと思います。地上も大変なら空も大変。

火山灰は飛行機の大敵、最悪は墜落することも・・・

航空会社が御嶽山を避けるように飛行しているのがわかります。今回は一例を見てみましょう。

 

 

下の2枚の画像は火山前日(9/26)と当日(9/27)の釧路⇒羽田行きのJAL1148便の飛行ルートです。

釧路発羽田行きの通常の飛行ルート
9/26の飛行ルート。通常はこのルートを飛行します。

 

火山灰による影響を回避するために関西方面まで迂回した釧路発羽田行きのルート
9/27の飛行ルート。噴火中の御嶽山を避けるように飛行しているのがわかります。

 

御嶽山の火山灰が東に流れているため、御嶽山東側を飛行しないルートを飛んでいるのがわかります。

大回りし過ぎのように感じますが、火山灰は飛行機の大敵

安全のためなら遠回りのルートでも仕方ないですね。

-乗り物ネタ

Copyright© まったり空の旅 , 2021 All Rights Reserved.