飛行機ネタ

日本のLCC5社の座席の広さ・快適さを徹底比較してみた

投稿日:2016年2月7日 更新日:

 

LCC=狭い・・・
料金が安い分座席が狭くなるのはLCCでは仕方ないことです(´・ω・`)

 

という訳で今回は
日本に就航しているLCC5社の座席の広さ・快適さについて徹底比較してみました。

 

比較したのは次のLCC5社。

・ピーチ(Peach)
・ジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan)
・バニラエア(Vanilla Air)
・春秋航空日本(Spring Japan)
・エアアジアジャパン(AirAsia Japan)

※これから登場する画像はすべて身長170cm後半の人が座った状態です。
座り心地の感じ方、狭さは個人差があるのであくまで参考程度に見ていただければ幸いです。

 

日本で就航している5社のLCCの尾翼
日本に就航しているLCC5社。カラフルな塗装がリゾート気分を高揚させる。

 

スポンサーリンク

 

ピーチ(Peach)の座席の広さ・快適さ

使用機材:A320-200
シートピッチ:約29インチ(約74cm)
材質:革

ピンクの塗装が鮮やかなピーチのA320型機
ピンク色の塗装が鮮やかなピーチ。日本の中で最も好調なLCC。

 

座席
ピーチのピンクの革製シート
紫色・濃紫色のカラフルなシート。材質は革。シートポケットは上段下段の2箇所。
シートピッチはLCCで一般的な約29インチ
(大手は約31インチ)

 

足元
ピーチの座席の足元の広さ
大手よりも狭い足元。座り心地は普通。程良い座り心地が体を包む。

前席と膝との間のスペースは手のひら約2枚分。
シートポケットに物を入れれば更に狭くなる(ペットボトルなど)。

 

他社とは異なり、シートポケットが上段下段の2段構造なのが嬉しい。

 

足元の広さ:★★★☆☆
座り心地:★★★☆☆
収納力:
★★★★☆

総合評価
★★★☆☆

LCCの中で快進撃を続けるピーチ。

ピーチの座席で特筆すべき点はやはり収納力でしょうか。
上下2段のシートポケットは意外と便利。機内誌は上段、小物は下段へといった感じで使用可能。

 

詳細はこちら

ピーチ(Peach)の座席の広さ・快適さを検証してみた

今回は国内のLCCの中で好調なPeach(ピーチ)の機内・座席特集です。 シートはフライトの快適さを評価する上で最も大切な要素。 広さ、快適さなどをじ ...

続きを見る

 

ジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan)の座席の広さ・快適さ

使用機材:A320-200
シートピッチ:約29インチ(約74cm)
材質:革

銀の塗装とオレンジの星が目を引くジェットスターのA320型機
銀の塗装にオレンジ星が目を引く機体。他社LCCと同様にA320型機を使用。

 

座席
黒色本革製のジェットスターのシート
黒で統一されたシンプルなシート。材質は革。シートポケットは上段のみ。
シートピッチはLCCで一般的な約29インチ
(大手は31インチ)

 

足元
ジェットスターの座席の足元の広さ
シートポケットがない分すっきりとしている足元。ポケットがない分足元が広いような気がしないでもない。

前席と膝との間のスペースは手のひら約2枚分。

上段のシートポケットは固定式なので、ゴム式のように柔軟に形状を変化させることはできない。
そのため、ペットボトルなど大きい物を収納することはほぼ不可能

シートポケットが下段にないため、デザインは最も洗練されている気がする。

 

足元の広さ:★★★☆☆
座り心地:
★★★☆☆
収納力:
★★★☆☆

総合評価
★★★☆☆

上段の固定式のシートポケットしかないため、やや収納力に劣るジェットスターのシート。
持ち込んだペットボトル飲料などはどこに収納しておこうか・・・

革の質感は5社の中で一番好きです。個人的に。

 

詳細はこちら

ジェットスター・ジャパンの座席の広さ・快適さを検証してみた

ジェットスターのようなLCCで特に気になるのがやはりシートではないでしょうか。 シートは私たち乗客と最も密接であり,快適性を左右する大切な要素です。 ...

続きを見る

 

バニラエア(Vanilla Air)の座席の広さ・快適さ

使用機材:A320-200
シートピッチ:約29インチ(約74cm)
材質:革

黄色の塗装が鮮やかなバニラエアのA320型機
ANAホールディングス100%出資のLCC。機内販売のバニラエア名物クリームパンがおすすめ。

 

座席
バニラエアの本革製のシート
黒色で統一された革製シート。ジェットスターとは異なり、シートポケットは下部に設置。

シートピッチはLCCで一般的な約29インチ
(大手は31インチ)

座り心地はほんの僅かに固め(布製シート比較)

 

足元
バニラエアの座席の足元の広さ
他社LCCと変わらない広さ。シートポケットに物を入れるとさらに狭くなるのは避けられない・・・。

前席と膝との間のスペースは手のひら約2枚分。

 

シートポケットが下部タイプのバニラエア。飛行機のシートの中でも最も一般的なスタイル。
ペットボトルなどを入れるとさらに足元が狭くなる。

 

1-3号機(画像の座席)とそれ以外の機材では機内仕様が異なる。
4号機以降は青色のイタリア製本革シートが装備されている。

 

足元の広さ:★★★☆☆
座り心地:★★★☆☆
収納力:
★★★☆☆

総合評価
★★★☆☆

特に特徴がないバニラエアのシート。典型的なLCCのシート。
4号機以降はイタリア製本革シートなので、今度はそれに乗ってみたいなぁ。

 

詳細はこちら

バニラエア(Vanilla Air)の座席の広さ・快適さを検証してみた

今回は日本のLCCのバニラエアの座席・機内特集です! LCCといえば狭いシート間隔など大手と比べると見劣りする点が多いですが、 果たしてバニラエアの座 ...

続きを見る

 

春秋航空日本(Spring Japan)の座席の広さ・快適さ

使用機材:B737-800
シートピッチ:約29インチ(約74cm)
材質:革

緑、黄緑の塗装が鮮やかな春秋航空日本のB737型機
本家の春秋航空(中国)の子会社「春秋航空日本」。

本家は中国系だが乗務員はほとんどが日本人なので安心。

日本のLCCでは唯一B737を使用する。

 

座席
灰色の本革製の春秋航空日本のシート
グレーの地味なシート。デザインもシンプル。シートポケットは下部タイプ。

 

足元
春秋航空日本の座席の足元の広さ
他社LCCとほぼ同等の広さ。他社よりもシートポケットの内容物が多いような。

前席と膝との間のスペースは手のひら約2枚分。

 

春秋航空日本のB737は新機内デザインの「ボーイング・スカイインテリア」を採用している。
そのため、A320よりもB737の方が客室内の快適さは上のように感じた。

 

足元の広さ:★★★☆☆
座り心地:★★★☆☆
収納力:★★★☆☆

総合評価
★★★☆☆

春秋航空日本のシートも特筆すべき点はなし。

座席よりも客室内の快適さの方が印象深い。
LED照明や丸みを帯びたデザインの天井など、A320よりも客室内は快適かもしれない。

 

詳細はこちら

春秋航空の座席の広さ・快適さを検証してみた!

何だかんだでもう12月終盤。というか2015年終盤。 1年なんてあっという間ですね。講義中の教授の話は長く感じるのになぁ(^o^)丿 そんな訳で 今回 ...

続きを見る

 

エアアジア・ジャパン(AirAsia Japan)の座席の広さ・快適さ

使用機材:A320-200
シートピッチ:約29インチ(約74cm)
材質:革

エアアジア・ジャパンのA320-200型機
本家のエアアジア(マレーシア)の日本拠点版「エアアジア・ジャパン」。

日本国内を運航するLCCの中で一番新しい。(過去にも一応就航していたが一時撤退)

 

座席
エアアジア・ジャパンの座席
ブラックの革製シート。赤いシートベルトがアクセントに。

 

足元
エアアジア・ジャパンの座席の足元の広さ
他社LCCとほぼ同等の広さ。広くもないが、極端に窮屈という訳でもない。

前席と膝との間のスペースは手のひら約2枚分。

 

日本のLCCの中では後発組のエアアジア・ジャパン。便数も機数も少ない。
座り心地は革製座席の割には柔らかめだった。意外と悪くないかも。

 

足元の広さ:★★★☆☆
座り心地:★★★☆☆
収納力:★★★☆☆

総合評価
★★★☆☆

エアアジア・ジャパンのシートも特筆すべき点はなし。

同じA320を使用する他社LCCと同様の快適さ。
しいて言えば、座席カバーに刻まれたエアアジア・ジャパンのロゴが印象的だった。

 

詳細はこちら

エアアジア・ジャパンの座席の広さ、快適さを検証してみた!!

  今年も残すところあと2ヵ月。最近、時間の流れの早さに驚かされます。 1日1日を特濃ミルクのように濃く生きたいですね... そんな訳で今回 ...

続きを見る

 

大手航空会社や新興航空会社との座席比較

大手のJALANAや、新興航空会社であるスカイマークスターフライヤーの座席と比較してみましょう。

JAL(B777-200 シートピッチ約31インチ)
JALのB777型機の座席の足元の広さ
JAL SKY NEXTの本革シート。足元は十分に広い。足も余裕で組むことが可能。
さすが大手、足元が十分に広いですね。これが料金の差なのか・・・

 

ANA(B767-300 シートピッチ約31インチ)
ANAのB767型機の座席の足元の広さ
JALと同様に広い!!足も組むことが出来る。シートポケットは上下の2段タイプ。
布製シートの優しい座り心地が体を包む・・・足元も広し。
あぁ^~大手はいいなぁ。

 

スカイマーク(B737-800 シートピッチ約31インチ?)
スカイマークのB737型機の座席の足元の広さ
大手とほぼ同等の広さ。個人電源も装備しているので、大手よりも座席装備の面では上かもしれない。

大手よりも安く、LCCよりも高いスカイマーク。
機内販売もお手頃価格で意外とコスパの優れた航空会社です。Good!!

 

スターフライヤー(A320-200 シートピッチ約34インチ)
スターフライヤーのA320型機の座席の足元の広さ
国内線最大級のシートピッチのSFJ。なんと34インチ!!

個人モニター・個人電源・足置きを装備。

国内線で最も快適なのがスターフライヤー。
国内線最大級のシートピッチ34インチ。

ここは文句なしの快適さです。料金も大手より安くLCCよりは高い程度。
筆者おすすめのエアライン。あぁまた乗りたい。

 

結局どのLCCの座席が快適なのか??

LCC5社の足元比較まとめ
LCC5社の座席の足元比較
シートポケットの位置が違うだけで正直な所、ほとんど変化がないような気がする。

上記のLCCのシートピッチは5社すべて約29インチなので足元の広さに差はあまりないです。

 

正直な所・・・
どのLCCも足元の広さは大して変わりません!!

LCCである以上、シートに快適さを求めるのは難しいです。
いかに自分で快適空間を作り出すかが勝負かと思います。

 シートをリクライニングさせる際は後席の人にも配慮を。
フル角度で倒されると、後席の人が地獄のフライトと化します。(筆者経験あり。かなり狭かったです)

誰でも空を飛ぶことが出来るようになった現代。快適なLCCライフを!!

 

-飛行機ネタ

Copyright© まったり空の旅 , 2019 All Rights Reserved.