ベトナム航空

ベトナム航空VN310便搭乗記@深夜発のハノイから成田編

投稿日:2016年2月9日 更新日:

どうもどうも。
ようやく約1週間の期末テストが終わり、約2ヵ月間の春休みです。
理系科目、特に電気系は難しいですね。電気が目に見えれば理解が楽なのに・・・

 

そんな訳で今回はベトナム旅行の際にハノイ・ノイバイ国際空港から成田空港までの移動に利用した
ベトナム航空(Vietnam Airlines)についての評判や口コミなどを自分の体験を交えてまったり紹介します。

ノイバイ国際空港にて
ベトナム・ハノイのノイバイ国際空港のベトナム航空のカウンター
蓮の花がカウンターに。蓮はベトナムの「シンボル」でもある。
ベトナム航空のマークも蓮をイメージしたもの。

 

搭乗DATA
航空会社:ベトナム航空(Vietnam Airlines)
搭乗日:2015/8
路線:ハノイ・ノイバイ国際空港⇒成田空港 (発0:30⇒着7:35)(現地時間)
便名:VN310
座席:32K
機材:A330-200(VN-A383)  機齢7年0ヵ月 (元キングフィッシャーの機材)

 

スポンサーリンク

 

搭乗券
ベトナム航空の搭乗券
お金がないので今回もエコノミーですよ。深夜発の便は体力的に厳しい!!

実はこの日、日帰りハロン湾クルーズに行きました。
それからの帰国。厳しい...

 

出発ロビーにて
免税店が立ち並ぶ、ハノイ・ノイバイ国際空港の出発ロビー
左側に並んでいるのが免税店やレストラン。規模はそこそこ。
深夜でも免税店などは営業してます。
1店1店の規模は少し小さめ(日本の2/3くらい?)。

 

SONYの液晶テレビ
ノイバイ国際空港内に設置されたSONYの液晶テレビ
SONYの液晶テレビと隣の充電スペース。こんな所でもSONYは頑張ってます。

日本のODA・建設会社により完成したハノイ・ノイバイ国際空港。
デザインは羽田の国際線ターミナルっぽい感じ。

 

搭乗機A330-200(VN-A383)
搭乗機のベトナム航空のA330-200(VN-A383)型機
今回の搭乗機。機齢7年。元キングフィッシャー(インド)の中古機。

なぜか衝突防止灯が上部に2つ付いてました。何で?
通常は上部に1つなのに・・・

 

機内の様子
ベトナム航空のA330-200型機の機内の様子
搭乗率約9割。主に日本人観光客が多め。機内は意外と新しい。

往路はボロボロとは行かないまでも、くたびれた感じの機内でした。
同じ機種(A330)でもここまで違うとは・・・

今回の搭乗機はベトナム航空が保有するA330の中で最も新しいものです。
(往路は機齢16年。窓ガラスの傷が気になった)

 

個人モニター
大画面・高画質の個人モニター
大画面・高画質のモニター。タッチパネル対応。コンテンツも充実。

映画、音楽、ゲーム、機外カメラ、フライトマップの豪華5点セット!!
機外カメラはマニアにとってすごく嬉しい!!(離陸時だけは使用不可)

 

足元
ベトナム航空のA330型機の座席の足元の広さ
普通の広さ。シートピッチ31インチ程度か。国際線の一般的な広さと同等レベル。

一応足置きも付いています。個人電源もあります。コップホルダーもあります。
意外といいシートです。うーm、すごく(・∀・)イイ!!

 

飲み物
真夜中の離陸後30分後に提供されたおつまみと飲み物
離陸30分後に提供されたおつまみ&飲み物。正直眠い。

離陸30分後に始まる飲み物のサービス。夜中の1時。眠い。
正直いらなかったけど、せっかくなので頂くことに。
あぁ^~深夜に飲むコーラはおいしいなぁ・・・(眠い)

 

香港の夜景?
上空から見えた香港付近の夜景
香港上空通過時に撮影。街並みが綺麗です。まさに生命の営み。

 

早朝
早朝に飛行中のA330型機の翼と風景
寝落ちからの目覚め。こんなに心地のよい目覚めは何日ぶりだろうか?空が美しい。
福岡上空にて機内食(朝食)のスタート。到着まであと90分程。

 

朝食(洋食)
ベトナム航空の朝食の機内食(洋食)
今回は洋食を選択。メインはスクランブルエッグとソーセージ。ソーセージの味は大味

大味なソーセージ以外は普通においしかったです。
やはり海外のソーセージはうーm、大味ですね。ちょっと朝からお腹が重い・・・

 

朝食(和食)
ベトナム航空の朝食の機内食(和食)
こちらは和食。同行者の物を撮影。和食のメインは唐揚げとご飯のセット。

唐揚げとご飯の他に、大根の煮物(画像左の角)、気持ち程度のたくあん漬(画像中央)。
和食もおいしそうでした。

食事後、横風に煽られながらも無事に成田空港に到着。
ややハードなランディング。相変わらず成田の風は強いですね。

 

座席
ベトナム航空のA330型機のエコノミークラスの座席
エメラルドグリーンが鮮やかなシート。個人モニター、個人電源、足置き、ドリンクホルダー付き。
ベトナム航空が保有するA330の中で最も新しい機材のためか、シートの設備は充実してました。

足元の広さもふつう。狭さで疲れることはないです。

 

個人電源
ベトナム航空のA330型機のエコノミークラスの座席に設置された個人用電源
座席下のPC電源(画像奥の赤ランプ部)。スマホの充電も可能。手前の口はLANか??

 

成田にて
成田空港到着ロビーの歓迎の表記
久々の日本語。あぁ日本に帰って来たんだなぁ。迎。

 

往路のくたびれた機材とは異なり、今回の機材は内装も新しく快適でした。
やはり深夜便は疲れます。眠いです。
(ハノイの空港のベンチで寝てる人もいたけど)

最近は成田線に最新鋭のB787-9が導入されているため、より機内が快適と思われます。
ベトナム航空は安いのでまた利用したいです。

アオザイ姿のCAさんが(・∀・)イイ!!ね

 

おまけ
ベトナム航空の機材なのにヒンディー語が書かれたコントローラー
コントローラー部の文字。なぜかヒンディー語。
元キングフィッシャー航空(インド)の機材であったことを物語っています。

 

まとめ

・日本人客多し
・機齢7年の中古機だが機内は新しく快適
・シートは個人モニター、個人電源、足置き、ドリンクホルダー付き
・モニターは高画質のタッチパネル式
・コンテンツは映画、音楽、ゲーム、機外カメラ、フライトマップの豪華5点セット
・機内食は和食or洋食から選択
・オアザイ姿のCAさんがgood!!

 

評価

機内食
★★★☆☆(洋食の朝食に入ってたソーセージが大味だった)

シート
★★★★☆(高精細の個人モニター付き。足置きも装備。意外といい)

機材コンディション
★★★☆☆(機齢7年。中古機であったが機内・シートは充実)

機内スタッフ
★★★☆☆(淡々とサービスを行っていた)

エンターテイメント
★★★★☆(個人モニターあり。画質・反応共に良し)

時間の正確さ
★★★★☆(約15分の到着遅延)

総評
★★★☆☆
往路のくたびれた機材編はこちら

 

ベトナム航空搭乗記@A330スカイチーム塗装機で成田からハノイ編

 

-ベトナム航空

Copyright© まったり空の旅 , 2019 All Rights Reserved.