飛行機ネタ

JALグループが2016年に導入予定の新機種まとめ

投稿日:2016年1月10日 更新日:

あけましておめでとうございます。
2016年もブログ「まったり空の旅」をよろしくお願い致しますm(__)m

今回は2016年にJALグループが導入予定の新機種についてまとめました。

主に小型機の新機種の導入が目立つ2016年。

中でも注目なのは琉球エアコミューター(RAC)がローンチカスタマーとなったQ400CC
貨客混在型の導入により旅客・貨物の収益向上を目指す。

 

2016年は主に以下の3機種の導入が予定されている。

・Q400CC(RAC)
・B737-800(JTA)
・E190(J-AIR)

 

スポンサーリンク

 

Q400CC(新導入:RAC)

RACのQ400CC型機
RACがQ100、Q300の後継として導入するQ400CC。貨客混在型。(出典:RAC)

1機で貨物機と旅客機の役割を担うことができる貨客混在型。
RACがローンチカスタマーとなり2014年7月に発注された。
沖縄の離島路線などで貨物の収益増を目指す。

シートピッチ29インチで58席を設定可能。
ちなみに通常型のQ400は74席仕様。この場合Q400CCはQ400より16席減となる。

現在のQ100(4機)とQ300(1機)の計5機の後継としてQ400CCは5機導入予定

初号機導入時期は2016年1月が予定されている。

[機体番号-登録年月日](2016年導入分)
JA81RC-2016/01
JA82RC-2016/03

 

B737-800(新導入:JTA)

JTAのB737-800型機
JTAがB737-400の後継として導入するB737-800。(出典:JTA)
新機材でもジンベエジェットは引き継がれる。

日本トランスオーシャン航空(JTA)が老朽化したB737-400の後継として導入予定のB737-800。
現在のB737-400(12機)の後継としてB737-800は12機導入予定
JTAとB737との付き合いは長く、B737-200⇒B737-400⇒B737-800といった感じで機材を更新してきた。

現在B737-400で好評運航中の「ジンベエジェット」はB737-800でも継続して運航される予定。

座席数はB737-400の145席or150席に対してB737-800では約165席の仕様となる予定。
約15-20席の増加により更なる需要に対応する。

B737-800の導入に関して、途中でB737MAXに変更可能な条件が含まれている。
JTAでは7号機以降でB737MAXの導入も検討しているという。

初号機導入時期は2016年1月が予定されている。

[機体番号-登録年月日](2016年導入分)
JA01RK-2016/01
JA02RK-2016/07

 

E190(新導入:J-AIR)

J-AIRのE190型機
J-AIRの新機種E190(画像上)。日本の航空会社で初の導入となる。(出典:J-AIR)

日本の航空会社で初の導入となるE190。
J-AIRがE170とE190の合計で確定発注15機・オプション発注12機の契約を結んだ。

E170の76席に対してE190では104席仕様となり、28席の座席数の増加となる。
2021年からはMRJの導入も始まるため、E190の導入は一時的な"繋ぎ"であるとの噂もある。

初号機導入時期は2016年4月が予定されている。

[機体番号-登録年月日](2016年導入分)
JA241J-2016/04
JA242J-2016/06
JA243J-2016/08
JA244J-2016/11
JA245J-2016/12

小型機の新機種が目を引くJALグループの2016年導入機材。
機体だけに期待MAXです!!

 

2017年版はこちら↓↓
JALグループが2017年に導入予定の新機種まとめ

-飛行機ネタ

Copyright© まったり空の旅 , 2019 All Rights Reserved.