ルフトハンザドイツ航空 乗り物ネタ

ルフトハンザのA340-600だけ??飛行機の地下のトイレ体験記

投稿日:2021年4月4日 更新日:

 

飛行機の客室内のトイレ。

一般的に客室と同じフロアに設置されていますが、一部の機材では地下にトイレがあります。

それはA340-600型機。特に、ルフトハンザの機体ではこのような体験ができました。

そんな訳で今回は、ルフトハンザのA340-600型機の地下トイレ特集です!!

 

タキシングするルフトハンザのA340-600型機
羽田の常連だったルフトハンザ航空のA340-600。残念ながら、コロナの影響で全機退役しました。4発機好きなルフトハンザさんのことなので、復活させると思っていただけに非常に残念。

コロナ、本当に許せません。

 

スポンサーリンク

 

地下トイレはどこにあるのか

地下トイレは機体後方にありました。L4・R4ドアの機首方向付近。

ルフトハンザの座席表にも、地下トイレの場所が詳細に明記されていました。

5室のトイレを地下に集約するためか、エコノミークラスのゾーンと同じフロアにはトイレが存在しません。よって、基本的にエコノミーの乗客は地下トイレを利用することに。

 

ルフトハンザのA340-600型機の座席表とトイレの位置
A340-600型機の座席表(引用:ルフトハンザ航空HP)。機体後方のL4・R4ドア近くに地下トイレへの階段が存在しました。エコノミークラス6席を潰して階段を設置していたことがわかります。

なぜか、ルフトハンザのA340-600は地下トイレを採用。一方で、同型機を保有していたカタール航空などは、座席と同じフロアにトイレを設けていました。集約することで座席数を増やせるのでしょう。

 

機外から見たトイレの位置
外観から見る地下トイレの位置(赤丸部)。A340-600では床下貨物室にトイレやギャレー、クルーレスト等のモジュールを設置することが出来たみたいです。ルフトハンザはトイレのモジュールを選択したことで、地下トイレが実現したという訳です。

 

5室の地下トイレ空間

地下へはメインデッキから階段で向かいました。当たり前ですが。

階段でアッパーデッキへ「昇る」経験はありますが、地下へ「降りる」経験は少々違和感がありました。

あと、トイレが密集しているため、少々ニオイが気になりました。

 

機内の地下トイレへの階段
地下トイレへの入り口(画像赤丸部)。6席分が潰され、階段のスペースとして使用されていました。

 

地下トイレへの階段
階段の様子。B747のアッパーデッキへの階段よりは広かったです。手すりも両サイドにあり安心感がありました。ステップ幅も広め。行き違いも頑張れば出来そうでした。

 

5室個室トイレが並ぶ地下トイレ
5室のトイレが並ぶ地下空間。左側に3室、右側に2室。貨物室の一部にトイレのモジュールを採用することで地下トイレが実現。広い空間を使用して、ここで簡単なストレッチをする人も。

 

5室のトイレと壁の広告
天井高さは普通。しかし、周囲が壁に囲まれているため圧迫感がありました。さすが5室のトイレ天国。若干のニオイも気になりました。

 

スポンサーリンク

 

地下のトイレ自体は意外と普通

トイレ内部は普通でした。

地下ですが、床下景色が見えるといったサプライズは無かったです。

 

トイレ内部

一般的な真空吸引式のトイレ。ボタンはプッシュ式。

 

トイレ内部
いつものトイレ。スペースもメインデッキと同様でした。

 

トイレ内のシンク
洗面台も普通。ここ、本来であれば貨物室なんだよなぁ。

 

トイレ内部の鏡
全面が鏡。鏡サイドの半円の照明がお洒落。天井高さは普通でした。地下と言えども、意外と余裕がありますね。

 

地下の水飲み場

メインデッキへの階段付近には水飲み場がありました。

ジャンボの水飲み場よりもワイドでした。2倍以上の幅。

正直、水の味はイマイチ。機内の水飲み場の水の味はどの機種も微妙ですね。

 

水飲み場
階段付近の地下の水飲み場。トイレと同じ空間の水飲み場は、あまり気が進みませんね...ごみ入れがライトアップされていてお洒落でした。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、ルフトハンザ航空のA340-600型機の地下トイレのまとめになります。

ルフトハンザのA340-600は全機退役してしまいました。それと同時に、地下トイレも消滅。

地下トイレを装備していたのはルフトのA346だけだったと思います。

このような、独特な機体・機内を持ち合わせた機種が引退するのは非常に悲しいです。昔は個性的な機材が多く、撮り・乗り甲斐がありました。しかし、最近は同じような機体・機内だらけ。

仕方ないといえば仕方ないですが、何でも効率重視の世界もいかがなものかと思います。みんな違ってみんな良い。そんな世界観は飛行機に通用しませんかね...

 

・貨物室の一部をトイレに転用
・A340-600は貨物室をトイレの他に、ギャレーやクルーレストにも転用可能
・トイレは5室
・地下への階段は広め
・水飲み場もあり
・ニオイが若干気になる

 

ルフトハンザ航空のA340-600型機の搭乗記はコチラ↓↓

【搭乗記】ルフトハンザ航空のA340で中部空港からフランクフルトへ

  数少ない4発機を愛用するルフトハンザ。 今回は、ルフトハンザ・ドイツ航空のA340-600型機のフライトについてまったり紹介していきます ...

続きを見る

-ルフトハンザドイツ航空, 乗り物ネタ

Copyright© まったり空の旅 , 2021 All Rights Reserved.