Peach

ピーチ(Peach)搭乗記@満席の札幌・新千歳空港から大阪・関西空港編

投稿日:2015年4月21日 更新日:

今回は春休み中に初めて利用したピーチ(Peach)の評判や口コミなどを自分の体験を交えてまったり書いていきます。

搭乗路線は新千歳空港から関西国際空港です。

 

搭乗DATA
航空会社:ピーチ・アビエーション(Peach)
搭乗日:2015/3
路線:新千歳⇒関西空港 (発9:30⇒着11:45)
便名:APJ102
座席:28A
機材:A320-200(JA805P)  機齢2年5ヵ月

 

ピーチといえばANA出資の日本のLCCの1つ。
LCCの中では黒字で絶好調なピーチですが、果たしてフライトはどうでしょうか?

 

新千歳空港内のピーチのチェックインカウンター
新千歳空港のピーチのカウンター。
1Fにあるので新千歳が初めての人は少し悩むかもしれません。

新千歳空港のお土産売り場から若干遠いので時間に余裕を。

 

スポンサーリンク

 

搭乗口へ向かいます。
新千歳空港3番搭乗口からの搭乗時の様子
クマの口にタッチと描かれているクマの顔のイラストが気になりますね。
北海道らしさ満載。

 

平日なのに満席の機内

どうやら今回の便は満席のようです。

LCCで最悪のパターンである満席。ただでさえ窮屈感があるLCCで満席なのは困りましたね。

 

今回の座席はココ↓
PeachのA320型機の座席表と自席の位置
今回の座席は機体後部窓側です。座席番号は28A。

LCCの場合、機内販売が機体最前部および機体最後部から始まるので、この位置なら売り切れという残念な事態を回避できます。多分。

 

雪残る新千歳空港からの離陸時の様子
まだまだ雪の残る新千歳空港を離陸。この日は南向きに離陸でした。
さよなら北海道。また来る日まで。

 

ピーチの機内販売名物のたこ焼き
ピーチは関西国際空港を拠点とするLCCなので機内食も関西風です。

そんな訳でたこ焼きを注文してみました。
かつお節やソースは自分でかけるタイプのようです。
画像のようにアルミホイルに包まれて提供されます。熱い!

 

ピーチの機内販売で購入したたこ焼きとピーチ・アイスミルクとジャスミン茶
今回注文したもの一覧。

・「たこ昌」のたこ焼き(7個入り):700円
・ジャスミン茶(食事とのドリンクセットなので50円引き):150円
・ピーチ,
アイスミルク:360円

 

たこ焼は温かく、タコもそこそこのサイズでおいしかったです。
さすがに道頓堀で食べるたこ焼の味には負けますが、機内でこの味なら合格点です。

さすが大阪を拠点とする航空会社。他にもお好み焼きなどもありました。
ちょっと値段が高いけど・・・

 

和歌山県産の桃をふんだんに使用したピーチ・ミルクアイス
Peachのピーチミルクアイス。和歌山県産の桃のピューレを使っています。

味は桃の爽やかさを生かしつつ、ミルクの風味がやさしく包み込む上品な味わい。
桃もミルクもどちらの風味も程良いバランスで口に広がりました。

桃の風味が爽やか!!

 

ピーチの機内販売メニュー
機内食のメニュー表です。お好み焼きなどいろいろあります。
特急ラピートのチケットも販売しています。

 

機内から見たA320型機のピンク色のウイングレット
ピンクのウイングチップフェンスがピーチらしさを表しています。

 

他社LCCと同等レベルの広さの座席

座席間隔は他社のA320型機と同じ広さでした。

やはり高身長(175cm以上)の人だと窮屈に感じるかもしれません。

特に今回のような満席だと窮屈感はさらに高まります。
ただでさえ大手航空会社の満席のフライトですら窮屈なのに...

ピーチ(peach)のA320型機の足元の広さ
座席間隔はバニラエアやジェットスターとほぼ一緒です。

狭さを例えるなら前席に膝が当たるか当たらないかといった間隔でしょうか。
足を組むのは困難です。

 

ピーチ(peach)のA320型機の足元の広さ
座席間隔を上から撮影。手のひら2枚は何とか入りそうな間隔です。
2時間程度のフライトなら苦痛に感じることも多分なさそうです。

 

飛行中の様子
関空に向けて旋回中。画像の陸は四国でしょうか?

 

関西国際空港着陸時の様子
いよいよ着陸です。海面上空を低空飛行していると、突然空港が現れました。
衝撃も少なく、見事なランディングでした。

 

革製の窮屈なピーチの座席
今回の座席。革の紫色のシートです。LCCは手入れが楽ということで革のシートが多いですね。
シートポケットを座席上部に持ってきたことにより座席間隔が少し広くなっています。

 

ピーチの普通席の座席の全体画像
シート全景。やはりこうして見ると座席間隔は大手と比較すると狭いです。
出入りに少し苦労します。

人に気を使わずトイレとかに行きたい人は通路側の方が良さそうです。

 

peachのテーマカラーのピンクで装飾された機内の壁
最後部の壁はピーチのテーマカラーであるピンクで装飾されていました。
今回は機体後部からも降りることが出来ました。

日本で機体後部から降りる経験は少ないので貴重な体験をしました。

 

関西国際空港にて徒歩での降機時の間近で見る飛行機
自分で歩いてターミナルビルまで向かいます。
個人的には飛行機を近くで見ることが出来るので好きです。

 

関西国際空港に到着した搭乗機のA320型機
今回搭乗した機体。ピンクが鮮やか。

 

関西国際空港LCCターミナル内の様子
関西国際空港のLCCターミナルビル。成田と同じで簡素な構造です。

 

ホンマおおきに!!

関空着陸後のアナウンスの最後にCAさんが「ホンマおおきに!!」とアナウンスしていました。
観光客相手かつ大阪拠点のLCCならではのサービスでおもしろいなぁと感じました。

 

初めてのピーチでしたが、一番の思い出と言えばやはり機内食ではないでしょうか。

飛行機に乗って機内で初めてたこ焼を食べました。
値段は高めでしたが本場大阪の味を体験することが出来ました。

あと出発前到着前のシートベルトのチェックが結構厳しかったことが印象に残りました。
乗務員研修生が搭乗していたので厳しかったのでしょうか。

また機会があればたこ焼食べに乗ってみたいです。

 

まとめ

・3月初旬の平日にも関わらず満席
・シートベルトのチェックが厳しかった。(ねじれなど)
・たこ焼やピーチのアイスがおいしかった。
・座席間隔は他社のLCCと同じ
・関空到着後は後ろのドアからも降機可能だった

 

評価
機内食
★★★★

シート
★★★☆☆

機材コンディション
★★★★

機内スタッフ
★★★★

エンターテイメント
★★★☆☆

時間の正確さ
★★★★★

総評
★★★★

-Peach

Copyright© まったり空の旅 , 2019 All Rights Reserved.