クレイジーな旅 乗船レビュー

太平洋フェリーきそ乗船記@和室で36時間の苫小牧→仙台→名古屋編

投稿日:

 

飛行機が発達した今日。たまには船で時間に縛られない旅がしてみたい。
現在,フェリーの日本最長路線は太平洋フェリーの苫小牧⇔仙台⇔名古屋ルート。
2泊3日・36時間の日本一ながーい船旅という訳。プチクルーズですね。

そんな訳で今回は、苫小牧→仙台→名古屋までの日本最長フェリー路線の乗船記です。
(♪苫小牧発~仙台行きフェリ~)

 


新千歳空港で海鮮丼。北海道訪問時の必修科目。
現地補正+新鮮さが相まって本州よりも美味しい。

エアアジア・ジャパンの名古屋→札幌が3700円で発券出来たため,目的もなく北海道に来ました。
LCCが発達した現代において,下手したらフェリーの方が運賃高いのではないでしょうか。

 


今回の乗船ルート。苫小牧から仙台を経由し名古屋まで向かった。
所要時間約39時間。仙台で約3時間の停泊。
つまり乗船時間36時間。2泊3日の最長距離フェリーの旅。

ちなみに,飛行機なら札幌から名古屋まで1時間50分早い!!
今回は飛行機の約20倍の時間を掛けて名古屋まで向かった訳です(笑)

 

乗船DATA
船舶会社:太平洋フェリー
搭乗日:2017/12
路線:苫小牧港→(仙台/経由地
)→名古屋港(発19:00⇒着9:40)
船舶名:きそ
部屋:特等和室

 

スポンサーリンク

 


苫小牧フェリーターミナルにて。売店も営業していた。
売店には北海道土産の他に"サイコロ"も販売されていた。

♪苫小牧発仙台行きフェリー
そう,今回乗船したのは吉田拓郎の歌う"落陽"に登場するフェリーですね。
歌中に「♪土産にもらった サイコロ2つ 手の中でふればまた振り出しに~」のフレーズがあります。
売店の粋な計らい??でちゃんとサイコロが売られていました。
ちょっと感動。

 

"南太平洋のしらべ"がコンセプトの大型豪華フェリー

今回お世話になるのは太平洋フェリーが有する大型フェリー「きそ」。
1987~2004年まで活躍した初代きその2代目。2004年に就航した。

総トン数15,795トン。定員768名。全長199.9m。トラック174台、乗用車113台。
三菱重工下関造船所製。2004年就航。

新日本海フェリーに並んで大型船を有する太平洋フェリー。
きその他にいしかり・きたかみを保有する。

HPによれば,以下の説明となっている。
「南太平洋のリゾートホテルのように優雅で洗練された豪華船」

 


苫小牧から名古屋までお世話になった"きそ"。
2泊3日・乗船時間にして36時間お世話になった。でかい船ってイイね...

ちなみに,全長が200mを超えると法的に「巨大船」の分類になるため,
ちょっとした制限が生じることがあるらしい。
そのため,きそ・いしかりの船体は設計上199.9mとなっています。

まぁ,新日本海フェリーの"あかしあ"等は全長224mなので,
大きな制限はなさそうですけど実際どうなんでしょうかね。船マニアの方教えてください。

 


いざぁ乗船。太平洋フェリーのフリートの名前が書かれていた。

 


柳原良平さんの絵画。柳原さんはサントリーの"トリスおじさん"を描いた方。
なんとなく絵のタッチが似ている気が。船好きだったらしい。

 


ひと際目を引く船内の吹抜。下から5・6・7デッキの3フロア構成。
スペースの使い方が豪華。白を基調としたデザインが南太平洋の砂浜感あり。

個人的に,吹抜のクオリティがその船の豪華さを物語っていると思います。
近所のおじさんの噂で聞いていましたが,太平洋フェリーはやはり豪華ですね。

 

まるでホテル・旅館クオリティの特等和室

2泊3日の長時間の船旅。部屋選びは非常に大事。
そこで,畳でごろごろできる和室を指定した。

きその和室には特等・1等・2等の3種類があるが,筆者は特等を選択。
理由は船の最前方の景色が部屋から見えるため。

値段は15,400円。
北海道から名古屋までの移動費と2泊3日のホテル代がセットになったと考えれば破格だろう。
セールで予約したため正規料金だともう少し値段が上がる。

 


今回の客室はココ↑特等和室の船体中央部を事前指定。(出典:太平洋フェリーHP)
若干売店やレストランから遠いのが難点。逆に廊下の人の往来も少なく静かだった。

 


和室内部。奥に座敷・右手はお風呂とトイレ。
ここだけ見ればホテル・旅館と言っても騙せるかもしれない。

 


今回の部屋。非常に綺麗。船とは思えない設備の充実さ。約6畳。
定員2~3名とのことだが,大人3名だと若干キツイかもしれない。

ここで2泊3日過ごしましたが,全然苦ではなかったです。
現代っ子なので携帯の通信が安定しなかった点がマイナスポイントでしょうか。
たまに繋がったり途切れたり。繋がるだけありがたいですけど。

寝相の悪い筆者でも和室なので安心して寝れました。
靴を脱いでくつろげるのは素晴らしい。

 


テレビ・冷蔵庫・エアコン・電源・給湯器(IH型)も完備。
陸のホテルや旅館となんら変わりはない。
違いがあるとすれば窓が開けられないことだろうか。

コンセントが1箇所だけなのでちょっと不便。
大人数だと少し足りないかも。

 


トイレ、バス、洗面台も完備。1等和室だとバスがシャワーにランクダウンとなる。

やはり,船旅において自分専用のトイレや洗面台があるのは非常に便利です。
ツーリストや2等客室は確かに安くてお得ですが,水回りが共有なのでちょっと不便。

 


19:00。いよいよ雪舞う北の大地ともおさらば。
苫小牧発仙台行きフェリー出発!!

吉田拓郎の落陽のような以下のイベントは発生しませんでした。
「♪あのじいさんときたら わざわざ見送ってくれたよ」
「♪おまけにテープをひろってね 女の子みたいにさ」

テープはさておき,見送りの人すら皆無でした...じいさんどこ行ったし。

 

船内をいろいろ散策する

出航後は船内を散策。
必要最低限どころか,それ以上の設備が整っていた。

シアターラウンジや24時間入浴可能な大浴場、ゲームセンターや売店、レストランなどなど。
2泊3日の航海でも十分飽きることはなかった。

 


入場無料なシアターラウンジ「サザンクロス」。船内でこの豪華さと広さ。すごい。
1・2日目の夜にはピアノの演奏。その他の時間で映画の上映会が開催された。

1日目の夜はピアノ演奏を鑑賞。
様々なジャンルの約10曲の演奏を満喫しました。

ピアニストは伊禮漢菜(いれいかんな)さん。
講師・ソロ・ホテル専属・パーティーなど、幅広く活躍されている方です。
コンクール1位も受賞したことがあるとか。やはり、演奏がうまかったです。

 


フェリーといえばゲーセン。一昔前の機種感がすごくイイ!!
多めのパチスロ、レトロなゲーム、王道な景品のUFOキャッチャー。

この空間が非常に好き。

 


特定の時間のみ営業する売店。24時間営業ではないので注意。
北海道土産やフェリーの記念品も販売していた。

 


みんな大好き大浴場。こちらは24時間いつでも入浴可能だった。
目立った混雑はなく、ゆったりと入浴できた。

深夜0時台に入浴した際は貸切状態。誰もお客さんはいませんでした。
暇つぶしの一環として、この航海中はよくお世話になりました。計3回。
やはり、24時間いつでも入浴出来るのは嬉しいですね。

船の揺れに連動して湯船のお湯もアップダウンするのが楽しいんですよね(笑)
フェリーの大浴場の醍醐味です。

 


公衆電話コーナー。

 


航海情報コーナー。

 


カラオケルームは2部屋完備。1時間1部屋1100円で利用可能。
カラオケ好きな筆者だが、今回は利用することはなかった...
音漏れはそこまでひどくはない。機種はDAMだったような気がするが明確ではない。

是非とも、本船のカラオケルームで
落陽を選曲して「♪苫小牧発仙台行きフェリー」のフレーズを歌ってみたいものです(笑)

 


プロムナード。席数は十分。夜のためか人の数はまばら。

 


窓側カウンター席には電源も完備。
大海原を眺めながらの仕事は陸よりも捗るかもしれない(適当)。

 

船の賄いカレーをいただく

1日目の夕食はレストランのビュッフェ形式ではなく、あえて軽食コーナーでカレーをいただいた。
船内で食べるカレーはとりわけ美味しいからである。

太平洋フェリーのカレーは「船の賄いカレー」。
新日本海フェリーも似たようなものを提供していただけに、味が気になったという訳。

いざぁ実食。

 


スタンド「マーメイドクラブ」。軽食等を提供していた。
1日目の夕食はバイキングではなく、こちらでカレーをいただいた。

 


太平洋フェリー伝統の味「船のまかないカレー」。510円。
一度に大量に調理することで家庭では味わえない深みが出るとのこと。

味はなめらかな美味しさでした。風味良し。辛さ良し。量良し。

船旅の楽しみといえばやはり食ですね☆

 


廊下の壁画。かわいい。部屋に戻ることにした。

 


1日目の夜のプチ宴会。売店で調達した北海道土産を嗜んだ。

北海道といえば、
黒ラベル・ナポリン・生チョコ・夕張メロンピュアゼリー・鮭とば・じゃがバターっしょ。
なまら美味しかった...

という訳で、1日目終了。
ふかふかのお布団で熟睡...翌朝は仙台港へ。

 

経由地の仙台港に約3時間寄港

2日目。揺れも少なく、ふかふかのお布団のおかげで熟睡できた。

そして10:00。経由地の仙台港へ寄港。
寄港時間は約3時間。12:50には名古屋へ向けて再出航する。
手続きをすれば一時下船することができる。

せっかくなので仙台で一時下船することに。
約3時間の停泊と言えども、実質仙台を満喫できるのは2時間程度。
駅前までは厳しい。近くのアウトレットへ行くことにした。

 


10:00。仙台港に入港。苫小牧発仙台行きフェリー到着。
12:50の再出港まで一時下船が可能。
部屋に荷物を残したままでOK。仙台成分を補給しに下船することに。

 


下船の際にちょっと船内観察。こちらは2等和室。
フェリーといえばこの雑魚寝スタイルを想像する人も多いはず。
リーズナブルかつ人間味溢れる旅が満喫できる。

最近のフェリーは個室が流行りですね。雑魚寝は絶滅危惧種に。
新日本海フェリーの新造船もパーソナルスペースを重視した客室となっています。

雑魚寝の方が旅人同士の交流やエクストリーム感があって楽しいんですけどね。

 


仙台港にて。今回の部屋は画像中の赤丸部分。ちょうどセンター。
ちなみに、上のデッキは操舵室。

 


仙台港に入港する自動車運搬船"豊昇丸"。
自動車を約2000台運搬可能。この大きさで国内航路専用。でかい...

 


フェリーから歩くこと約20分。三井アウトレットパーク仙台港に到着。
特に買い物もせず。タリーズでパンと珈琲をいただいた。

仙台寄港時に寄れるのはここぐらいじゃないでしょうか。
時間的に。

 

スポンサーリンク

 

2日目 船上での過ごし方

仙台での一時下船を終えて再び乗船。
苫小牧→仙台→名古屋の航海も後半戦へ。

食べて景色見て音楽聞いて部屋でゴロゴロしてお風呂入って...
何だかんだで2日目もあっという間に過ぎて行った。

 

景色を眺めながらのランチ

12:00。出港まで約50分。
レストラン「タヒチ」で昼食をとることに。

朝・昼・夜ともにビュッフェ形式のタヒチ。
船旅といえば好きなものを好きなだけ食べれるバイキングですよね。

 


海を眺めながらのランチ。日差しが心地よい。

 


2日目のランチ。気になったものを一通りチョイス。1000円。
美味しくいただきました。

 


特に気になったのがこれ。えび塩ラーメン。
一口サイズのラーメンがかわいい。エビの風味が効いていて美味しかった。

 


12:50。仙台港を出港。
次、陸に上がれるのは翌朝の名古屋港。さよなら仙台。

 

いしかりとの行き違い

ランチも終え、自室で食休み。

すると、船内アナウンスで「姉妹船のいしかりとの行き違い」があるらしい。
いしかりは名古屋→仙台→苫小牧の逆ルートを航行。

せっかくなのでデッキへ。

 


14:30。いしかりとの行き違い。お互いに汽笛を鳴らし合って挨拶。
意外と近いため肉眼でも良く見えた。

 


いしかり。2011年就航。波しぶきを荒立て勇ましく航海。
次はこっちにも乗ってみたい。

 

船内ピアノ演奏

いしかりとの行き違いイベントに引き続き、次はピアノ演奏会が開催。

前夜のようなシアターではなく、プロムナードでの演奏。
船内に優雅なピアノの音色が響き渡った。

まさに豪華客船気分...最高か。

 


プロムナード。窓から差し込む日差しが心地よい。眠くなる。
席数も十分。今回は特に混雑することはなかった。

 


昨夜に引き続き、今回も伊禮漢菜(いれいかんな)さんによる演奏。
画像中央のピアノで演奏。吹抜けのおかげもあり、船内に音色が響いた。

「こんなにこのフェリー乗客居たんだ」と思わせられる集客率。
逆に、イベントや食事時以外はほとんど乗客を見かけることはなかった。
客の年齢層は高め。若者には時間がかかる旅の良さが分からないのだろうか??

 


15時のおやつに珈琲ソフトクリーム。350円。
うm、安定の美味しさ!!

 


キリマンジャロ珈琲350円。
太平洋を眺め、ピアノ演奏を聴きながらの航海。船旅最高!!
乗り物に乗りながらの食事はなぜ美味しさが倍増するのか(哲学)

 

船から見える景色の数々

陸から約10~20kmの海域を航行する本船。

海岸や岬、人工構造物や停泊する船など様々な景色を楽しむことが出来た。
特に福島原発が見えたのには驚いた。

 

船尾付近

船と言えば煙突(ファンネル)。
太平洋フェリーは白地に青のシンプルなデザイン。

まるで地中海を思わせる色合い。

 


煙突。うっすらと黒煙を吐きながら頑張っていた。
それにしても、デッキには人が居ない...

 


福島沖を進む。一直線に伸びる軌跡。まさに大海原感。

 

福島第一原子力発電所

航路上福島沖を通過するが、もちろん原発沖も航海した。
あの事故から約6年。いまだに傷跡は鮮明に残っていた。

 


Google map上の現在地と原発の位置関係。距離にして20km程度だろうか。
肉眼では見にくいものの、かすかに原発を視認できた。

 

15:30。福島第一原子力発電所を船上から望む。望遠レンズで撮影。肉眼ではもっと見にくい。
この一帯から日本を脅かす事故が発生したと思うと、原子力の凄さを実感した。

放射性物質は多分大丈夫なはずです。距離はそれなりに離れてるので。
沿岸では海保の巡視船が警備してました。海も陸も大変お疲れ様です。

 

洋上風力発電

福島沖には洋上風力発電所も確認できた。
これらは浮体式の風力発電の実証試験場らしい。

丸紅や東大など日本の名だたる大手が研究に参加するプロジェクト。
海に浮かぶ風力発電の研究結果は果たして。

 


手前のアンテナが洋上変電所。奥の風車が浮体式洋上風力発電設備。
日本は海底が深く、固定が困難であることから浮体式も有望視されているとか。
これらはその実証試験という訳である。浮いてる風力発電所といったところか。

詳細はこちら↓↓
福島洋上風力コンソーシアム概要

 

夕焼け

16:00。冬なので日没も早い。
客室に夕陽がうっすらと差し込んできた。

もうすぐ2日目の夜が始まる。

 


客室から水平線を望む。窓も大きく景色も見やすかった。

 


客室から船首と水平線を望む。息を呑む綺麗さ。

 


夕陽を眺めながらの航海。本当に綺麗。
こんな船旅がしたかった!!

 


16:15。福島沖にて日没を拝む。夕食前に大浴場に行こうかな。

 

2日目 ステーキの夕食

18:15。お腹がすいたため夕食へ。
夕食会場は昼食と同じタヒチ。

夕食は朝・昼よりも一段とメニューが豪華になる。
値段も2000円と程よい。

数あるメニューの中で特に注目なのは、やはりステーキだろう。
牛脂注入だがこれがまた美味しいのだ。

 


2日目のディナーメニュー。ビュッフェ形式の食べ放題。
肉・魚・鍋・ご飯類が充実していた。大人も子供も大喜び間違いなし。

 


お待ちかねの夕食。ステーキの他にタコ飯、石狩鍋など。
好きなもの・気になるものを好きなだけ食べれるって素晴らしい。

どの料理も美味しかったです。なんで船で食べる食事は美味しいのでしょうか。
ステーキ肉は牛脂注入ため程よい脂感があり、美味しかったです。
さすがに2枚目を食べるほどお腹すいてなかったので1枚で満足。

夕食の時間はそこそこの混雑でした。
良い席を確保するなら早めに入店した方がいいかもです。

 


2日目の夜もピアノ演奏を満喫。その後、夜食を売店にて調達。
最後の夜を楽しんだ。ついでに太平洋フェリーのワインを記念に購入した。

 

スポンサーリンク

 

名古屋へ向けてラストスパート

苫小牧→仙台→名古屋の船旅もラストスパート。
19時の時点で水戸沖まで進行。

残り約15時間の船旅。名残惜しい気持ちも残る。

 


航行情報。意外と名古屋まで距離がある...間に合うのか??
とも思ったが、翌朝にはちゃんと名古屋に到着した。

船速約40km/hといえども、意外と侮れない。
確かに前に進んでいたのだ!!

 


太平洋フェリーお手製の航行マップ。航海中、非常にお世話になった。
大まかな通過時刻が書いてあるため、景色を眺める際の目安になった。

 

細かな振動は仕方ない

船と言えば揺れのイメージ。
船酔い勢にとってはフェリーの利用は気が引けるものだが...

今回の船旅では特に揺れについて気になることはなかったように思う。
冬の日本海は大荒れでエキサイティンな船旅になることで有名だが、
ここは冬の太平洋。まるで池を進むかのような穏やかな航海だった。
(北海道近海は多少揺れることもあったが)

やはり、細かな振動は気になったが、これはどの船に乗っても同じなので諦めよう。
床下から伝わるエンジン??の重々しいビビリ感。
和室だったため、ダイレクトに振動を実感することになった。

まぁ、そんなに気にならなかったのでいいんですけどね。
巨大なシリンダーが動いていると思うと、マニア的に興奮しますし。

 

2日目の夜・完。

 

セントレア

3日目の8:20。
目を覚ますと陸が見えてきた。

久々に超高速で移動する飛行体も確認できた。
そう、船のライバル飛行機である。

セントレア沖まで来てしまったのだ。

中部国際空港ことセントレア。離陸するANAのB737-800が確認できた。
ここから離着陸機を狙うに500mm以上のレンズが必要だろう。

離陸機とフェリーの絡み画像はよく見ますが、船側からの画像ってないんですよね。
正直、撮影には不向きです。

 


セントレアを眺めた後は最後の朝食。モーニングプレート720円。
珈琲はコロンビア。正解。
不思議なことに、船の上だと何を食べても美味しく感じてしまった(n回目)。

 


生温かい潮風を浴びにデッキへ。あぁ、気持ちが良い。
煙突から聞こえる重々しい排気音がこれまた耳が気持ちが良い。
例えるならヴォヴォヴォヴォヴォ感。足先から伝わる細かな振動も素晴らしい。

 

名港トリトン

ようやく肉眼でもくっきりと陸が見えるようになってきた。

赤い橋「名港トリトン」が視界に入れば船旅もクライマックス。
橋下をフェリーで通過するレアイベント。
他の乗客もこの時はデッキに出ていた。

 


名古屋に帰って来た感。

 

名港トリトンをフェリーから。伊勢湾岸自動車道が通る。
橋と衝突しそうな煙突。だが無事通過。このハラハラ感が実におもしろかった。

 


ガントリークレーン群。でかい。

 


9:30。名古屋港に到着。2泊3日。36時間の船旅も終わり。
この日はランチクルーズのため時刻表よりも早めの到着に。
久々の陸はいつもより足取りが軽くなったような気がした。

 

そんな訳で、太平洋フェリー「きそ」で苫小牧港から仙台経由で名古屋港まで船旅を楽しみました。

航空ファンな筆者は飛行機を利用する機会が多いですが、たまにはゆったりした船旅もいいですね。
2泊3日の長い所要時間ですが、まったく飽きることはなかったです。
食事して、演奏聞いて、映画見て、お風呂入って、景色眺めて、寝て、買い物して...
きっと豪華客船のクルーズも似たような感じなんだろうなぁと思います。
さすがに1週間は飽きるかもしれませんが。

携帯の電波もずっと繋がらない訳ではなく、ネット・電話ともに安心して利用できました。
(仕事に追われるビジネスマンは船上でも安心できませんが(苦笑))

時間に余裕のある人。ちょっとした豪華客船のようなクルーズを体験したい人。
太平洋フェリーの船旅、おすすめです。

クルーの皆様、本当にありがとうございました。

 

おまけ


名古屋駅にてきしめん。揺れがない食事はなんか寂しいですな。。。

 

評価

船内食
★★★★☆(ビュッフェメニューの多さ、味ともにGood.特に夕食は料理多め)

客室
★★★★☆(約6畳の和室。地上のホテルと同様の快適さ。部屋からの景色も素晴らしい)

船体コンディション
★★★★☆(船齢13年だが船内は清潔感あり綺麗。メンテナンスも問題なし)

船内スタッフ
★★★★☆(どの部門のスタッフも丁寧なサービスだった)

エンターテイメント
★★★★☆(各種船内イベントあり。長時間の船旅であっても飽きることはない)

時間の正確さ
★★★★★(定刻での出発&到着)

総評
★★★★

太平洋フェリー、素晴らしいです。いしかりにも乗船してみたいところ。

1+

-クレイジーな旅, 乗船レビュー

Copyright© まったり空の旅 , 2020 All Rights Reserved.