スカイマーク 搭乗レビュー

スカイマークの座席の広さ・快適さを検証してみた

投稿日:

 

コロナがなかなか終息しませんね。
航空各社も直前でも1万円台の航空券を売り出すなど、良くも悪くも異常事態...

そんな訳で今回は、中堅航空会社のスカイマークのシート特集です!!

LCCと勘違いされやすいスカイマーク。LCCではないです。
だけど大手と同等なクオリティを有するスカイマークの座席を徹底解剖します。

 


スカイマークの機材(B737-800, JA73NT, 那覇空港にて)
B737の1機種のみ有する。機体の新旧で内装も異なる。

一時期、A330を導入したスカイマーク。
JALのクラスJ相当のグリーンシートを装備したA330で東京=福岡を運航してましたね。
結局、短命でした...乗りたかった。

 

スポンサーリンク

 

座席指定が無料な中堅エアライン

スカイマークはLCCではない。しかし、JALやANAのような大手でもない。
いわゆる、中堅航空会社と呼ばれる分類に属している。
中堅はスカイマークの他に、エアドゥやソラシドエアなどが該当する。

LCCのような格安航空会社は座席指定料金が必要だが、
スカイマークは座席指定が無料!!
(1列目のフォワードシートは+1000円)

窓側・通路側であっても好きな場所を無料で指定可能。
ただし、1列目のフォワードシートのみ、1000円の指定料金が必要となる。
(記事執筆時の参考価格。最新情報の確認をお願いします。)

スカイマーク、素晴らしいです!!

 

座席表

全席エコノミーの177席仕様。最前列のフォワードシートのみ指定料金が必要となる。
ちなみに、座席番号4番は欠番となっている。理由は不明。(縁起悪いから??)
(出典:スカイマークHP)

 

機材によって異なる座席種類

B737-800の機種に変わりはない。
しかし、機齢の新旧によって機内の内装・座席が異なる。

現在、スカイマークには3種類の座席が存在する。
1. 紺色タイプ(最古参)
2. ベージュタイプ(一般的)
3. 新型ベージュタイプ (新型)

また、2・3のタイプの内装はBSI(Boeing Sky Interior)仕様。
大型荷物棚・LED照明・新型の客室窓など、従来のB737から発展した機内となっている。

BSI仕様の詳細はこちら↓↓

B737の新機内デザイン・ボーイングスカイインテリア徹底調査

寒さがより一層と厳しくなる初冬の今日この頃。 新さんまの時期が来たと思えばもうクリスマス。1年の流れは早いものです。 去年のクリスマス・イブはカラオケ ...

続きを見る

最新型座席はまだ撮影出来ていません。すみません。
今回の記事では1・2の座席のみ扱います。

 


ベージュ座席の機内の様子。スカイマークで一般的なスタイル。
BSI仕様の機内は明るく、B787のように曲線を多用したデザインに仕上がっている。

 


紺色座席の機内の様子。機齢が高い機材はこの仕様が多い。
従来のB737と同様の蛍光灯の照明、四角の窓などややレトロ感がある。

 

最前列座席(1列目:フォワードシート)


最前列のフォワードシート。追加料金1000円で指定可能。
足元の広さだけでなく、優先搭乗・無料の飲み物・優先的な荷物返却サービスも付く。
紺色タイプよりも足元が広い。窓も2つ専有できる。

 


紺色タイプのフォワードシート。ベージュタイプよりも足元は狭い。
窓も1つ分のみ。付随するサービスに違いはない。

気になる座席指定料金は...1000円!!

機体前方のためエンジンの騒音も小さく、快適な空の旅を約束してくれること間違いなし。

1000円で優先搭乗・機内での無料ドリンク・優先的な手荷物の返却等の
サービスが付くのは魅力的。コスパ最高間違いなし。

 

詳細はこちら↓↓
フォワードシート詳細 SKYMARK HP

非常口座席(15・16列目)


機体中央部の15・16列目の非常口座席。計12席の設定。
非常口座席の仕様上いくつか制約があるものの、足元の快適さは抜群。

 


ベージュタイプと同様。足元の広さも同様。

席の位置が翼の上なので、窓からの景色には期待できない。残念。
また、緊急時にはCAさんから援助をお願いされる場合があるため、心構えしておくこと。

 

普通席(1・15・16列目以外)


最も多くの人がお世話になるであろう普通席。RECARO製。
高級感?漂う革製シート。座面下部に電源コンセント装備。

新型の座席(BL3530)ではデザインの変更の他に、
前席背部にタブレットホルダーを装備してます。いつか乗ってみたいものです。

 


足元の広さ。大手と変わらぬ程よいゆとりあるスペース。
シートピッチは大手と同等の31インチ。

 


握り拳1個分の広さ。国内線であれば窮屈に思う事はないだろう。

 

座り心地レビュー

ホールド感ややあり。特に中腹部。ヘッドレストは柔らか系。拳1個分の足元スペース。新しく清潔感あり。USB電源もあり。革の触り心地良い。

座席の柔らかさ
★★★☆☆

 


紺色タイプの座席。経年機に装備されている。こちらも革製。
座席間隔はベージュタイプと同様のシートピッチ31インチ。
若干のくたびれた感はあるものの、座り心地に問題はない。

 


大手と同様のゆとりある広さ。

 


指4本分の広さ。わずかな差はあるものの、ベージュタイプと足元広さは同等。

 

座り心地レビュー

ホールド感ややあり。ヘッドレストは柔らか系。指4本分の足元スペース。若干のくたびれた感あり。USB電源なし。革の触り心地は若干安っぽい。

座席の柔らかさ
★★★☆☆

 

事前座席指定料金は...無料!!
窓側だろうが通路側だろうが、どこでも無料です。

予約時に指定出来るので、お気に入りな一席を指定しましょう。

 

BSI仕様と従来仕様の機内比較

BSI仕様と従来型機内の比較。
新型ベージュ・普通のベージュ座席はBSI仕様、紺色タイプは従来型の機内仕様。
BSI仕様はLED照明のため、シーンに応じて柔軟に色合いを変更することが可能。
また、曲線を多用したデザインは先進さを感じさせる。荷物棚も大型化して収納力アップ。

 

窓比較。機体設計上、窓自体の形は変わっていない。
しかし、機内側の窓枠形状が変更となっており、BSI仕様では丸みを帯びたデザインに。
丸みを帯びたデザインにすることで、視覚的に窓を大きく感じさせる効果があるらしい。

角ばった従来型の窓枠もレトロ感あって好きなんですけどね。
B767の経年機然り。

 

大手他社と同等の座席間隔(シートピッチ)

快適さを大きく左右するシートピッチの一覧をここにまとめます。

・スカイマーク(B737)→約31インチ(約78.7cm)
・JAL(B737)⇒約31インチ(約78.7cm) 国内線機材
・ANA(B737)⇒約31インチ(約78.7cm) 国内線機材

・春秋航空日本(B737)⇒約29インチ(約73.6cm) LCC
・ジェットスター(A320)⇒約29インチ(約73.6cm)LCC
・ピーチ(A320)⇒約29インチ(約73.6cm)LCC

大手のJAL・ANAの普通席と同等の広さ。
また、LCCとは2インチの差。約5cmの差は意外と大きいものです。

 


JALのB737-800。JAL SKY NEXT仕様の革製シート。
オーディオ機能付き。

 


ANAのB737-800。実はスカイマークのベージュタイプと同様の座席。RECARO製。
座席素材の違いはあるが、基本的なデザインは同じ。ANAはオーディオ機能付き。

 


スカイマークと同様の中堅航空会社のソラシドエア。
BSI仕様の新しく綺麗な機内と座席。こちらも大手と同様の足元広さ。

 


日本で唯一B737型機を使用するLCC。春秋航空日本。最近SPRINGに改名した。
シートピッチ29インチの機内は若干の詰め込み感がある。
LCCで一般的な手入れが楽な革製素材。

 


大手・中堅・LCCのB737-800型機の座席の足元比較(身長177cm)。
スカイマークはベージュタイプ・紺色タイプの2タイプを載せた。
LCCの春秋航空日本のみ、足元は狭い。これがシートピッチ2インチの差。

結論:スカイマークの座席は大手・他社中堅エアラインと同じ足元広さ。

もちろん、LCCよりは広い。
世間にはスカイマークをLCC扱いする方が居ますが...それは間違いです。

大手よりも安い運賃にも関わらず、座席の広さは同等。
スカイマークはコストパフォーマンスが優れているエアラインですね。

 

以上、スカイマークの座席の広さ・快適さのまとめとなります。

足元広さは大手・他社中堅エアラインと同等です。

座り心地は良いです。程よいホールド感がGood!!
ベージュタイプの革の触り心地は良いです。

座席の柔らかさは普通。
革は固めの座り心地になりがちですが、程よい柔らかさに仕上がってます。

数時間の国内路線なら十分快適に過ごせる座席かと思います。

快適な空の旅を!!

 

まとめ

・1列目以外は全席座席指定無料。1列目は+1000円で指定可能。
・3タイプの座席が存在。機材によって装備座席が異なる。
・座り心地は良い。革の程よい柔らかさ・触り心地がGood!!
・座席間隔は大手・他社中堅エアラインと同等
・音楽などのエンターテイメント機能なし。電源コンセントあり。

 

スカイマーク搭乗記はコチラ↓↓

スカイマーク搭乗記@今は亡き幻の成田から新千歳路線編

今回は北海道遠征時に利用したスカイマークの評判や口コミなどを自分の体験を交えてまったり紹介していきます。 スカイマークといえば日本のLCCの1つ。 規 ...

続きを見る

 

0

-スカイマーク, 搭乗レビュー

Copyright© まったり空の旅 , 2020 All Rights Reserved.