JAL

JAL923便搭乗記@夕暮れの富士山を眺めながら羽田から那覇へ

投稿日:2015年12月11日 更新日:

 

先日大学の友人と松本空港に撮影に行きました。
自然豊かな信州らしさを表現した写真を撮影してみたいですね。
機材ネタが少ない空港ですしおすし。わざび抜きの寿司的な。

そんな訳で今回は沖縄旅行の際に羽田空港から那覇空港までの移動に利用した
日本航空(JAL)のフライトを自分の体験を交えてまったり紹介します。

 

羽田空港サクララウンジにて
サクララウンジにてビールとおつまみ
とりあえず、キリン一番搾りで。ウェーイ!!ビールビール!!
羽田にはキリン・アサヒ・サッポロの3種類のビールサーバーが設置されていました。

ビール好きに優しいラウンジ。うーm、実に満足である。

 

搭乗DATA
航空会社:日本航空(JAL)
搭乗日:2015/9
路線:羽田空港⇒那覇空港 (発17:40⇒着20:15)
便名:JAL923
座席:42H
機材:B767-300(JA8364)  機齢25年0ヵ月

 

スポンサーリンク

 

機齢25年の退役直前のJA8364に乗る!!

1990年9月に登録された今回の搭乗機B767-300(JA8364)。機齢25年。
エンジンは他のB767とは異なるJT9Dエンジンを装備。

経済的な飛行機の寿命が20年なので、この機体は多くの整備費用が掛ってるんだろうなぁ。

そして、この記事を書いた2015年12月。
遂に機体全体が真っ白に。
JALでの25年の活躍に幕を下ろしました。お疲れ様でした。

搭乗機B767-300(JA8364)
搭乗機のJALのB767-300(JA8364)
機齢25年の搭乗機。この機体が導入された当時はバブル期真っ只中だったんだろうなぁ。
実はこの機体、2013年にも長崎=羽田間でお世話になりました。

 

今回の座席はココ↓↓
JALのB767-300型機の座席表と自席の位置
後方通路側の42Hを指定。富士山を見るなら機体右側席を座席指定したい。
このフライトが飛行機初搭乗の友人と一緒のフライトだったので自分は通路側へ。
初フライトだからこそベストな景色を見せてあげたいしね。

 

夕暮れの富士山を望む

この便は富士山の南側を飛行することが多い(というよりほぼ確実)。
なので富士山ガチ勢の方には機体右側を座席指定していただきたい。

離陸後10分もすると右側の窓から雄大な富士山を眺めることが出来る。(はず)

夕陽&Mount Fuji
夕日と富士山と自機の翼
離陸後の右旋回時に撮影。わかりにくいが、夕陽近くの出っ張りが富士山。
画像中のちょっとした出っ張りが富士山です(わかりにくいです)。

初日の出フライトもこんな感じなんだろうなぁ。
今年の年賀状はこの画像使って出しちゃお。

 

翼&富士山
夕暮れの空と上空から見える富士山
機内から富士山を望む。積雪はまだのようだ。
日没後の富士山。徐々に暗くなってゆく・・・
機内アナウンスもあり、乗客の多くが撮影に没頭していた。

 

機内より富士山を絡めて
窓枠と富士山を絡めたショット
窓枠・翼&富士山。いかにも飛行機から撮りましたよ的な感じで。
機内から撮影した感じを出してみるのもBeautiful!!
自分だけのMount Fujiアングルを探そう!!(^v^)

JALのスマホアプリに「富士山どっち」というどちら側から富士山が見えるか教えてくれる機能があるから試してみるのもいいかも。

 

富士山どっち
JAL公式の富士山どっちアプリ
路線ごとにどっち側から富士山が見えるか案内してくれるJALのスマホアプリ。
羽田発那覇着でやってみると・・・
見事に右側が表示されました。Nice!!予測通り。

 

ドリンクサービス
JALのビーフコンソメの機内サービス
相変わらずビーフコンソメを選択。絵葉書とともに。

最近の絵葉書は絵の種類が少なくておもしろくないですね。
経営破綻前はJALの保有機材ごとの絵葉書があったのに。
最近ではB777とB737の絵葉書しか目にしたことがありません。残念。

 

安全のしおり
JALのB767-300型機の安全のしおり
B767の安全のしおり。帯は紫色。

 

イヤホン(聴診器型)
時代を感じる聴診器型のイヤホン
時代を感じる聴診器型イヤホン。音質はお察しの通り。

聴診器といえば昔、本の付録で遊んだなぁ。
お医者さんごっこしたり胸の鼓動を聞いたり。ぬっふw

 

日没後の世界
日没後の空からの景色
ICHINICHI NO OWARI。雲海と透き通った空。今日も1日ご苦労さん。
太陽も沈み、やってくるのは暗い闇夜。
そしてまた日は昇る。人生はこの繰り返し。辛いのう。

 

腰に優しいふかふか布シートを満喫!!

最近は軽量化やら足元スペースの拡大やらでシートの薄型化が進む航空業界。
でもやっぱり大事なのは座り心地に尽きると思うんですよね。

今回のシートは1世代前のふかふか布シート。
個人的に薄型シートより、厚みのある布シートの方が柔らかくて好きです。
今後、厚みのある布シートは徐々に姿を消す・・・

今回のシート
厚みのあるふかふか布製シート
青と緑の色鮮やかな色合い。やや厚みのある1世代前のシート。
特急列車のシートに近いふかふか具合で座り心地がよい。

ふかふかといっても、腰が沈む程ではない硬さなので変に疲れることもない。
手で押し込むとしっかりと反発してくれる程度の硬さ
極度に柔らかいシートは腰が沈み過ぎるので、逆に疲れることもある。

このシートはそんなことはない。

 

足元の広さ
JALのB767-300型機の普通席の足元の広さ
可もなく不可もなしの広さ。最新のシートと比較するとこのシートはやや狭い。
広くもなく、狭くもない微妙な広さの足元スペース。
シートピッチは31インチ程度か。
シートポケットが膨らんでいると、さらにスペースはなくなる。

 

足元の広さ
JALのB767-300型機の普通席の足元の広さ
膝と前席との間は指2本程度のスペース。握りこぶしは入らない。
JALの最新シートであるJAL SKY NEXTでは指4本分入った。
今回のシートの約2倍の広さである。

座り心地を維持しながら足元スペースを広げる難しさ。
これだから飛行機のシートはおもしろい。

 

機内の様子
空席が目立つ機体後部からの機内
空席が目立つ機内。搭乗率は60%といったところか。

角ばった荷物棚・天井のブラウン管TVなど時代を感じる機内。
この機体が導入されたのが25年前
25年前の1990年では当時最先端の技術だったんだろうなぁ。

 

最後部のトイレ(右側)
機体最後部のトイレ
最後部右側に設置されているトイレ。こうして見ると非常にコンパクト。

 

最後部ギャレーにて
機体最後部のギャレー
散策しているとCAさんからドリンクのお代わりをいただいた。ありがとうございました。
CAさんが「お代わりいかがですか?」と声を掛けて頂いたのでお言葉に甘えて頂くことに。

今回もビーフコンソメ(2杯目)
CAさんと一緒に撮影もしたりと満足のいくサービスでした。
CA「今日の機材はちょっと古いですけどね~」
なんて雑談を交わしたり。暇人大学生に付き合ってもらって申し訳ない。

 

那覇空港にて
夜の那覇空港到着時の景色
定刻より10分早く到着。ありがとうJA8364。

 

機内の様子
レトロな雰囲気漂う機内の全景
2-3-2の座席配置。角ばった荷物棚、四角い窓枠など時代を感じる機内デザイン。
現在主流のLEDで明るい機内とは異なり、蛍光灯のやや暗い機内。

当時はB747やDC-10、L-1011がバンバン飛んでた時代。どこか当時の雰囲気を感じる。
2015年12月に退役となった今回の搭乗機JA8364。
もう客を乗せて飛ぶこともない。この機内も二度と見ることが出来ない。

 

機内モニター出力装置
時代を感じる機内モニター出力装置
機内の壁の画面を出力する装置。正式名称は不明。多分ソニー製?
すごく時代を感じる機器。街中ではまず見かけることはない。
プロジェクター的な?正式名称は何だろう?

この機材の導入当時(1990年)はこれでも最新技術だったんだから凄いよなぁ。
それから25年。
ブラウン管テレビが液晶になり、ガラケーがスマホになり、フィルムカメラがデジタルになり・・・
家電の世界の進化は凄まじい。

 

国際通りにて
国際通りにて食べた沖縄そば
到着後、国際通りの居酒屋にて沖縄そばをいただいた。沖縄と言ったらこれっしょ!!

 

初めて友人と一緒に飛行機に乗った今回のフライト。
友人にとっては人生初のフライトでもあり、色々と思い出深いフライトでした。

そして思い出深いフライトを支えてくれた搭乗機B767-300(JA8364)。
残念ながら2015年12月にて退役となりました。
搭乗してから3ヵ月後の退役。
何か思い出の一部が失われてしまったような気分・・・(>_<)

まぁ富士山も眺めることが出来たし、いいフライトだったと思います。
富士山ガチ勢の方々は「富士山どっち」でどちら側の席から見えるか確認してみるといいかも。
富士山どっち??

 

まとめ

・機齢25年のJA8364に搭乗(搭乗後3ヵ月後に退役)
・羽田発那覇着路線では右側に富士山が現れることが多い
・ふかふか布シートは座り心地も快適
・機内の古さは否めない
・オーディオシステム、モニター機器などの古さがどこか懐かしい

 

評価
機内食
★★★★☆(ビーフコンソメがおいしかった。お代わりもいただいた)

シート
★★★☆☆(厚みのあるふかふか布シート。足元はやや狭い)

機材コンディション
★★★☆☆(機齢25年の超ベテラン。機内の古さは否めない)

機内スタッフ
★★★★★(絵葉書を頂いたり記念撮影をして頂いた。旅行客に嬉しいサービス)

エンターテイメント
★★★☆☆(機内誌・オーディオ・モニターのみ)

時間の正確さ
★★★★★(10分の早着)

総評
★★★★

沈む夕陽と富士山を眺めながらのフライト。あぁ^~美しかったなぁ~。

 

以前搭乗した同機材の搭乗記はこちら↓↓

JALのB767-300搭乗記@機齢23年の機体で長崎から羽田編

0

-JAL

Copyright© まったり空の旅 , 2019 All Rights Reserved.