アニメ・ゲーム 乗り物ネタ

映画けいおん!出演機に乗って機内聖地・舞台巡礼してきた

投稿日:2020年2月1日 更新日:

 

映画けいおん!で登場したJAL機。
放課後ティータイムのメンバーが成田からロンドンまで搭乗してましたね。

そんな訳で今回は,実際に"映画けいおん!"登場機のJA735Jに搭乗したので,
機内聖地・舞台巡礼記を紹介します。

 


離陸シーンでチラッと機体番号が描かれていたことから,HTTの往路の搭乗機が特定できた。
B777-300ER・機体番号:JA735J
マニアの間ではけいおんジェットとも呼ぶとか呼ばないとか。
復路のシーンは一瞬だったため機体番号は不明。
(画像上:映画けいおん!・画像下:実機)

 


JL401便で成田からロンドンへ!!出発前のワンシーン。
残念ながら,JL401便の運航は終了。ロンドン線は羽田に移管された。

 

スポンサーリンク

 

映画出演機・JA735Jの機内聖地・舞台巡礼

とあるフライトで映画けいおん!出演機のB777-300ER(JA735J)に搭乗。

せっかくなので,機内聖地巡礼することに。
まさか出演機に乗れるとは!1年間の運を使い果たしました...

 


HTTメンバーが搭乗したJALのB777-300ER,機体番号JA735J。
筆者はバンコク→羽田のフライトで搭乗した。羽田到着後に撮影。

予約当初はB777-200ERでの運行だったのですが,まさかの機材変更で本機に。
しかも投入されたのは出演機のJA735J。マジかよ...
普段は羽田=ロンドンで活躍中の本機ですが,この日はバンコク線にて活躍。

JALさん本当にありがとうございました。

 


赤枠の箇所がHTTの5人が着席したゾーン。機体最後部。
今回筆者も同じ場所を座席指定した。

 


JALのB777-300ER, W84仕様の座席表(出典:JAL)
HTTメンバーは画像赤枠内の5席に着席していた。
琴吹 紬:55A(窓側)
秋山 澪:55B(中央)
田井中 律:55C(通路側)
平沢 唯:56A(窓側)
中野 梓:56C(通路側)

 

ですが,正確には座席番号が若干異なります。

映画公開当時の座席コンフィギュレーション:W73 (272席仕様・Y156席)
現在の座席コンフィギュレーション:W84 (244席仕様・Y147席)

映画はエコノミーが1列多いリニューアル前の旧型機内仕様。
よって,正確な座席位置
琴吹 紬:56A(窓側)
秋山 澪:56B(中央)
田井中 律:56C(通路側)
平沢 唯:57A(窓側)
中野 梓:57C(通路側)
となります。2011年当時の座席表で確認してみてください。

 

では,機内の聖地・舞台巡礼へ。(W84仕様ですが)


まずはHTTメンバーの座席の全景比較。座席の種類以外は大きな差はない。
映画:旧型エコ,現行:SKY WIDER

機内仕様のリニューアル前に巡礼しておきたかった・・・

 


壁の雑誌入れの場所,シートと窓の位置,壁のくぼみのラインなどなど。
アニメの再現度は非常に高い。

 


ペアに人気な2人席,56A・56C。
すぐ後ろがトイレなので音が気になるところ。

まぁ音に関して筆者は気にしたことはありませんが。

 


横から。窓の位置も一致。

 


荷物棚比較。サイドのカーブ具合も一致。

 


禁煙・シートベルトサイン比較。こちらも一致。
撮影箇所を間違えてしまったため,正式な比較にならないが参考程度に。
(映画:機体中央・筆者:窓側)

こちらは要リベンジ撮影案件。

 

紬ちゃんと同じ座席(位置)に座る!!

念願のJA735Jへの搭乗。座席もHTTメンバーと同じ場所がいい!!
そう考えた筆者は紬ちゃんと同じ55Aを指定した。

どうせならリニューアル前のW73仕様だったら正真正銘の同じ座席だったのになぁ。

 


55ABCの座席。いざぁ紬ちゃんと同じ座席へ。
残念ながら,後ろを振り向いても唯ちゃんとあずにゃんは居なかった...

 


座席はリニューアルされたが機体はそのまま。
モニターは映画けいおん!ではMAGIC-Ⅲだったが,現在はMAGIC-Ⅴに。
タッチパネル対応。

 


同じ機体,同じ座席位置でのフライト。
リニューアルにより,映画の旧型座席よりも足元が広くなっている。

 


紬ちゃんと同じ55Aに着席した証。

 


HTTメンバーが覗いた窓。
彼女らもこの窓からロンドンへの機窓を楽しんだことだろう。

 


別日のフライトで撮影したプレート。新千歳→成田にて。2013年撮影。
成田管理機・機番JA735J
羽田に移管した今も成田管理機なのだろうか??

 

別の機体(JA740J)であずにゃん座席の雰囲気を楽しむ

出演機と同型のJA740Jに搭乗した際に,あずにゃん座席を指定してみた。

この時もJA735Jが投入されないかワクワクしていたが,夢が叶う事はなかった...
出演機ではないが,同型機で聖地・舞台巡礼っぽいことをしてきた。

 


映画出演機と同型のB777-300ER。機体番号はJA740J。
成田→シカゴ路線で搭乗。座席は通路側の56C。
律ちゃんの座席背部のモニターが撤去されている点も再現済み

 


あずにゃんと同じ機体最後部通路側の56C。
地味にモニター・テーブルの位置が体の正面からズレている。

最後部のプライベート感,ペア座席。
あの2人がイチャイチャしたくなる理由もわかる気がします(適当)

 


同行者は隣の56Aに着席。唯ちゃん目線も楽しんだ。
映画では天井付近にモニターがあるが,現在は撤去されている。

 


機内食カートが通過するシーン。
撮影角度・画角がアレだが雰囲気はほぼ一致。

カートの通過が早く,撮影タイミングがずれてしまった((+_+))

 


せっかくなのであずにゃん座席で映画けいおん!を視聴。
アマゾンプライムビデオで無料配信中のためファンは是非。

出演座席(と同じ場所)で視聴する映画けいおん!は格別でした。

 

まとめ

やはり,京都アニメーションの作画力は素晴らしいです。

航空ファンの筆者も大満足の再現度。
機内の再現等で違和感なく視聴できました。

そして出演機のJA735Jへの搭乗。
機内聖地・舞台巡礼を無事果たすことができました。

筆者も卒業シーズンに出演機に搭乗したため,
HTTメンバーの気分を体感出来たような気がするようなしないような。

次は東京=ロンドン路線でお世話になりたいと思います。

 

※作画比較に使用したキャプチャ画像の著作権は著作者にすべて帰属します。
(C)かきふらい・芳文社・桜高軽音部

0

-アニメ・ゲーム, 乗り物ネタ

Copyright© まったり空の旅 , 2020 All Rights Reserved.