タイガーエア

タイガーエア台湾の機内食をいろいろ注文して食べてみた

投稿日:2016年12月11日 更新日:

何だかんだで12月。最近時間の流れが早くて困ります(^_^;)
早く卒業したいけど、まだ学生やっていたい絶妙な気分...

そんな訳で今回は、台湾旅行の際に利用したタイガーエア台湾の機内食特集です。

台湾のエアラインなのでメニューは台湾フードが目白押し。
機内でも本場の味を楽しむことができます(^・^)

 

派手な垂直尾翼の塗装が目が引くタイガーエア台湾のA320型機
タイガーエア台湾の機材(A320-200, B-50008, NRT)
垂直尾翼のトラ柄がパンチの利いたデザイン。PP※Pのあの人も虎柄だったような気が。ヒョウ柄。

 

スポンサーリンク

 

早速タイガーエア台湾の機内食の注文方法から食事までの流れをまったりまとめていきます(/・ω・)/

 

タイガーエア台湾の機内食について

LCCなので全メニュー有料です。運賃が安いから仕方ないね。

事前予約・当日購入どちらも可能。
一部事前予約のみのメニューもあるので要チェック。

主に台湾フードのメニューが多いです。
味付けはどちらかというと台湾風でした。

 

機内食は事前&当日予約可能

機内食は事前予約の他に、当日機内で購入することもできます。

自分のフライト時は事前予約の特典として、ミネラルウォーターとおつまみがセットで付きました。
中には事前予約限定のメニューがあるので要注意です。

気になる予約方法ですが、Web上での予約が楽です。(他にも方法はありそうですが)

ちなみに今回はWEB上で注文しました。

 

タイガーエア台湾の機内食予約画面
予約時に手荷物&機内食注文画面が表示されるので、食べたいメニューを選択するだけ。
注文しない場合はそのままでOK。

事前予約の特典としてミネラルウォーターとおつまみが付きます。(おつまみなしの場合もあり)

 

タイガーエア台湾の機内食予約画面
食べたいメニューを選択します。英語表記なのでわかりにくい(>_<)
値段は日本円表示です。(画像中だと全品900円)

 

気になる機内食メニュー

タイガーエア台湾の機内食メニューはWeb上にて確認することができます。
また機内でもメニュー案内の冊子があるので当日確認することも可能。

日本語表記もあるので英語ができない人でも一応安心です。

 

タイガーエア台湾の機内食メニュー
機内食メニューや機内誌・安全のしおりなど。

 

タイガーエア台湾の機内食メニュー
メインメニュー。台湾フードのメニューがずらり(搭乗時のもの)。

・ポークチョップのタレ煮付けごはん
・海鮮焼きビーフン
・中華おこわ
・豚ひき肉のボロネーゼパスタ

などなど。値段はどれも200台湾ドル。水・おつまみセットは250台湾ドル
日本円にして700~1000円といったところでしょうか。

 

タイガーエア台湾の機内食メニュー
完全事前予約性のメニュー。機内での購入不可。
なぜ機内メニューに載せてるのだろうか... どれもおいしそう。

 

タイガーエア台湾の機内食メニュー
カップラーメンやおつまみ、アルコール飲料のコーナー。

・カップラーメン(80台湾ドル、約300円)
・おつまみ(50~90台湾ドル、約200~330円)
・ビール(70~100台湾ドル、約250~360円)
・ワイン(150台湾ドル、約550円)

意外とビールがお手頃価格で驚きました。
ビールの銘柄にはアサヒ・スーパードライ・ブラックがありました。なぜブラックなんだろうか。

おつまみには日本で人気のポッキーもあったり。
こちらは70台湾ドル、約250円。少々高めの値段設定。

 

タイガーエア台湾の機内食メニュー
コーヒー・お茶のコーナー。

・お茶(50台湾ドル、約200円)
・コーヒー(50台湾ドル、約200円)
・豚汁(70台湾ドル、約250円)
・グラノーラ(70台湾ドル、約250円)
・のど飴(70台湾ドル、約250円)
・有酸素ソーダ(60台湾ドル、約220円)

まさか機内メニューに豚汁があるとは・・・おもしろいですね。機内で豚汁祭が開催できる訳ですか。
他にも有酸素ソーダなる怪しいドリンクも。

種類が豊富で選んでいておもしろいです(^v^)

 

タイガーエア台湾の機内食メニュー
ソフトドリンクのコーナー。まぁまぁのお手頃価格。

・ソフトドリンク(50~100台湾ドル、約200~360円)

コーラは50台湾ドル・約200円でした。

 

タイガーエア台湾の機内食メニュー
世界のビールコーナー的な。ベルギー、台湾、タイ、日本のビールが勢揃い。

・各種ビール(70~100台湾ドル、約250~360円)

こちらはおつまみが無料で付くらしい。

 

機内販売中の機内の様子

水平飛行に移り、シートベルトサインが消えた後、CAさんが機内食を持ってきてくれました。

意外と多くの乗客が機内食・軽食を注文していたのが印象的でした。
特に台湾人のお客さん。

 

機内販売サービス中の機内の様子
てきぱきとサービスをこなすCAさん。黄色のポロシャツが鮮やか。
CAさんのさわやかな笑顔が印象的でした。

 

タイガーエア台湾のシートに装備された中央部がくぼんだテーブル
狭い座席でもお腹がつっかえることのないように、テーブルにくぼみが設けられている。

 

タイガーエア台湾の中華おこわの機内食
事前に注文しておいた「台式米?」。日本風にいえば中華おこわ。水・おつまみセットで900円

さすが台湾。油をふんだんに使用した台湾風な味付け。
煮玉子も現地で食べた味そのもの。

まあまあおいしかったです。ボリュームがあるけど。
どちらかと言うと、台湾人向けの味付けです。

 

タイガーエア台湾のポークチョップのタレ付けご飯の機内食
ポークチョップのタレ煮付けごはん(900円)

ポークチョップの主張が素晴らしい。こちらも煮玉子付き。さすが台湾のエアライン。
ポークチョップのボリュームがすごい!!
(同行者によると、まぁまぁおいしかったらしいです)

 

タイガーエア台湾の海鮮焼きビーフンの機内食
海鮮焼きビーフン(900円)。大きなエビが鎮座する海鮮ビーフン。
エビがぷりぷりでおいしい!!

上の3種類の中では一番おいしかったです。
日本人が好きそうな味付け。迷った時はこれを選んでおけばOK!!

 

こんな感じでタイガーエア台湾の機内食を満喫しました。

LCCで機内食を注文したらお金が...
なんて考える人もいらっしゃいますが、せっかくなので飛行機の機内でも「食」を楽しんでいただきたいです。

タイガーエア台湾の機内メニューは種類が豊富で、選んでいて楽しかったです。
中には豚汁やら有酸素ソーダなど、おもしろいメニューもあるので注文してみてください。

値段もそこそこお手頃なので是非。

CAさんも喜びますよ(●^o^●)

 

まとめ

・事前予約、機内購入どちらも可能
・事前予約限定のメニューがあるので要チェック
・台湾フードをベースとしたメニュー構成
・種類が豊富で選んでいて楽しい!!

LCCの楽しみでもある機内食。
有料ですが、LCCごとの特色を楽しんでみてはいかがでしょうか。

-タイガーエア

Copyright© まったり空の旅 , 2019 All Rights Reserved.