ジェットスター

ジェットスター搭乗記@新千歳→成田のエンジン音満喫フライト

投稿日:2019年11月16日 更新日:

 

食欲の秋。最近寒すぎませんかね...
サンマの刺身が美味しい時期がやってきました。サンマと豚汁の組み合わせは最高!!

そんな訳で今回は,ジェットスター・ジャパンの札幌・新千歳から東京・成田までの搭乗記です。
A320のV2500エンジン音を満喫しました。

 

搭乗口19番からの成田行きジェットスター便搭乗の様子

引退前最後のB747政府専用機が展示された今回の千歳基地航空祭の帰り。
夕方発の便で本州へ帰還。日曜日+手荷物&座席指定込で15000円はまぁ安い。

 

搭乗DATA
航空会社:ジェットスター・ジャパン (Jetstar Japan)
搭乗日:2018/07
路線:札幌・新千歳⇒東京・成田
飛行時間:1時間35分 (発17:30⇒着19:05)
便名:GK116
座席:04A エコノミー・窓側席
機材:A320-200 (JA10JJ) 機齢5年4ヵ月

 

スポンサーリンク

 

搭乗機のA320型機(JA10JJ)

搭乗機のA320-200 (JA10JJ)

今回の搭乗機のA320-200型機。機体年齢5年弱。
日系LCCのA320がCFM56を装備する一方で,ジェットスターはV2500エンジンを選択。

個人的にV2500の方が洗練されたデザインで好きです。

 

ジェットスターのA320型機の座席表と自席の位置 (04A)

ジェットスターのA320の座席表と自席の位置 (04A)

今回の座席はエンジン前の4A窓側席を事前指定。(出典:ジェットスター・ジャパンHP)
座席区分はアップフロント。前方のため指定料金が高いです。若干ですが。

 

ジェットスター・ジャパンのA320型機のエコノミークラス

今回の座席 (降機時に撮影)

ジェットスター・ジャパンは黒色の革製シート。
本革か人工皮革か不明。革マニアの方,ご教示ください。

 

今回の座席の窓側席

今回の座席-04A・窓側席-

シートポケットは上部のみ。ペットボトルなどデカイものは入らないです。
座席間隔は他社LCCと同等。

座り心地レビュー

クッション性低め。背もたれのホールド感あり。背もたれに力を入れると若干のゴツゴツ感あり。頭部付近まで座席高さあり。座席幅は普通。指4本分の足元広さ。

座席の柔らかさ
★★★☆☆

 

ジェットスターの座席の足元の広さ
シートピッチは他社LCCと同等の約28インチ。(筆者:身長170cm後半)
窮屈ではないです。しかし,広くもない。

身長180cm以上の人は絶対に狭いです。

 

指4本分の足元の広さ
指4本分の足元の広さ。他社と同等か,若干広い気が...気のせいか。
シートポケットが上部に集中配置されているため,シート下部がすっきりしています。

 

詳細はこちら

ジェットスター・ジャパンの座席の広さ・快適さを検証してみた

ジェットスターのようなLCCで特に気になるのがやはりシートではないでしょうか。 シートは私たち乗客と最も密接であり,快適性を左右する大切な要素です。 ...

続きを見る

 

座席上面のシートポケットなど
座席上部のみのシートポケット。
布のように膨張しないので収納力は劣りますね。

ペットボトルを収納するのは難しいかと。

V2500エンジンの音を愉しむ

A320を運用する国内エアラインで唯一V2500を使用するジェットスター・ジャパン。
CFM56よりも洗練されたデザイン。個人的にはこちらの方が好み。

日本企業も開発・製造に参画しているV2500。
一昔前にANAがV2500装備のA321を導入したことも。
しかし,同時に保有していたCFM56装備のA320とのエンジン共通性の低さで早々に引退することに。
その後,改めてA321ceoを導入したANA。教訓からかCFM56装備機が導入されている。

 

表1 日系エアラインのA320型機のエンジンスペック (出典:Wikipedia米国版)

エアライン エンジン機種 推力(lbf) バイパス比 圧縮比 重量(lbf)
ジェットスター V2527-A5 26,600 4.8 32.8 5201
ピーチ CFM56-5B4 27,000 5.7 32.6 5250
エアアジア CFM56-5B6 23,500 5.7 32.6 5250
スターフライヤー CFM56-5B4 27,000 5.7 32.6 5250
ANA CFM56-5A1 25,000 6.0 31.3 4995

表1より,V2500が最もバイパス比が低いことが読み取れる。
V2500の細長い形状のためだろうか。燃費への影響が気になるところ。
圧縮比はどの機種も大きく変わらず。
国際線を飛ぶA320は出力が大きいエンジン(26000~27000lbf)を装備するようだ。

高回転時のヴィーン音が独特なV2500のエンジン音。耳が幸せなフライトであった。

新千歳空港離陸時の様子と眼下に見える航空自衛隊千歳基地
千歳基地ともおさらば。エンジン上部に政府専用機が2機写り込んでました。
ジャンボの政府専用機ともこれにてお別れ。

幼少期から千歳上空を飛ぶ747を眺めてた筆者。
当時はそんなに感動もなく,いつもの光景として認識してました。
いざ,引退となると寂しいものですね。

 

機内誌などのシートポケットの収容物の一覧

シートポケット収容物一覧

安全のしおり,機内誌,機内販売のメニュー表など。

 

ジェットスターのA320型機の安全のしおり
A320型機の安全のしおり。眼鏡を着用してるジェッ太がCute!!

 

グッズ系の機内販売メニュー

機内販売メニュー (グッズ系)

手頃な値段の公式グッズ。これなら誰でも買えますね。
ボールペンが150円は安い!!

価格はまぁ普通です。空の上なのでこんなもんでしょう。
LCCの収入源でもある機内販売。マニアなので"買って"応援したいと思います。

 

豆腐ステーキ丼の有料機内食とバウチャー特典

夕方発の便。お腹減るだろうなぁ...という事で機内食を事前注文。

今回は「豆腐ステーキ丼」をチョイス。
飲み物セットで値段は1000円くらいだったかと。

ベルトサインが消灯すると即座に提供。
非常にテキパキとしたサービスを実感することができた。

味は「すき焼きのタレを薄くしたようなあっさり系の味付け」
豆腐はしっかり強度の木綿。色付きキャベツが鮮やか。星型人参がcute。
程よいシャキシャキ食感の玉ねぎ。美味しい。

ついでに紅茶も注文(機内食とセットだった可能性)
爽やか風味なアールグレイを選択。
カップ内の熱湯にティーバックを入れる系のセルフサービススタイル。

さらに特典の500円バウチャーでクッキーとジャスミンティーを注文。
食後のおやつ。甘いクッキーとお茶の組み合わせは最高。

上空で食べる・飲むものってなぜ美味しいのだろうか。


豆腐ステーキ丼の機内食。アールグレイの紅茶とともに。
すき焼き風の和風系。しつこくなく,美味しかったです。

1000円ですが。。。

 

豆腐ステーキの機内食
色どり豊かな機内食。味だけでなく,見た目もこだわりが。
玉ねぎの程よいシャキシャキ具合が印象的でした。

 

500円のバウチャーで購入したクッキーとジャスミンティー

500円の機内販売バウチャーで購入

特典のバウチャー(500円)を使い,クッキーとジャスミンティーを購入。
しっとり系のクッキーとジャスミンの風味が素晴らしかったです。

紅茶やらジャスミンやら。ドリンク飲みすぎた...

 

機内から見えるV2500エンジン

V2500エンジンの音が心地よい

雲で地上は見えず...心地よいエンジン音を満喫。

 

水平飛行中の機内の様子
ほぼ満席の機内。大手エアラインと同様の治安のいい??機内。

 

機内から見える夕焼け空

夕焼け空を眺めながらのアプローチ

夕方のフライトの醍醐味はやはり, 夕焼け空。今回も綺麗でした。

 

第3ターミナルに到着したジェットスター機
降機時にコックピット見学させていただきました。
ちなみに内部は撮影OK。

海外のエアラインは忙しくなければコックピットを見せてくれることが多いです。
筆者も運航の邪魔にならない程度に見学することも。
日系エアラインはジェットスター以外はまず無理かと。
寛容なジェットスターさん,最高です!!

 

今回のフライトルート

今回のフライトルート

列島沿いを南下する普通のルート。
機内食を安心して満喫できる揺れの少ないフライトでした。

 

 

そんな訳で、ジェットスター・ジャパンのA320-200にて札幌・新千歳から東京・成田までフライトしました。

今回はV2500エンジン音を満喫するために前方席を選択。
やはり,V2500のヴィイーーーン↑音は癖になりますね。
日本企業も開発・製造に参画する機種だけに応援したいところ。

LCCの楽しみといえば機内食!!
有料ですが,各社の個性溢れる機内食を逃す訳にはいきません。
豆腐ステーキ丼,クッキー,ジャスミン茶,アールグレイ紅茶などなど。
頼み過ぎた感ありましたが,いい思い出になったかと。

降機時のコックピット見学も思い出の1つに。
見学できる国内唯一のエアライン,ジェットスター・ジャパン。
航空券選択要素の1つとして検討してみてください。

LCCですが治安が良く,満足度の高いフライトでした!!

 

評価

機内食
★★★★☆(味・見た目ともにGoodな機内食。有料だが頼む価値はまぁまぁあり)

シート
★★★☆☆(足元・座席幅・装備ともに他社LCCと同様の座席)

機材コンディション
★★★★(機齢5年。行き届いたメンテナンス)

機内スタッフ
★★★★☆(テキパキかつ親切なサービス。機内食の提供が爆速だった)

エンターテイメント
★★★☆☆(機内誌のみ。エンジン音は無料のエンタメ。最高)

時間の正確さ
★★★★★(定刻)

総評
★★★★

LCCは機内販売を楽しまないと単なる移動で終わってしまう...
思い出づくりに注文してみては??

0

-ジェットスター

Copyright© まったり空の旅 , 2019 All Rights Reserved.