ドイツ ルフトハンザドイツ航空 乗り物ネタ 搭乗レビュー

コロナでルフトハンザの航空券がキャンセルになった話

投稿日:2020年4月29日 更新日:

 

GWいかがお過ごしでしょうか。
コロナ騒ぎがなければGWは欧州遠征を満喫していた筆者です。

コロナ,非常に憎いです。

そんな訳で今回は,
GWに予約していたルフトハンザ航空の便が
コロナで欠航になった件です。

 

あくまで筆者のケースなので参考程度に。
最新状況は各自で入手ください。

 

スポンサーリンク

 

GWにインドのチェンナイからフランクフルトまで片道予約していたのだが...
マイページには欠航のお知らせが。どうやらコールセンターに連絡して欲しいとのこと。

 


フライトステータスにも"欠航"の文字が。
A340-300に乗るためだけにこの路線をチョイスしただけに,欠航は非常に残念。
まぁ,コロナが跋扈するこのご時世に遠征してる場合ではない。仕方ない。

 

とりあえず,コールセンターに連絡してみた

Webでは返金手続き出来ないため,コールセンターに電話してみた。
混雑で繋がらないかと思ったが,1~2分程度でオペレーターと繋がった。

話の内容は以下の2点。
1. 全額返金を希望する場合は8月中に電話で再連絡して欲しい。
(EUはロックダウン中。スタッフが対応不可。払い戻し対応もパンク状態らしい。)
2. 2021年4月までどの路線でも振替可能。さらに,2020年内であれば50ユーロ引きで振替可能。
(今回支払金額分のみ適用可。振替便の運賃が高い場合は差額分の支払いが必要)

返金申請は8月までお預け...じっくり待つとしましょう。
振替便を予約してもいいのですが,次回の遠征計画も立てれない現状で予約を入れるのも難しい。
振替便が確実に飛ぶ保障もないですし。乗りたい機材が変更になるリスクもあります。

予想ですが,電話再連絡の時期は予約状況・搭乗日・問合せのタイミングで異なる可能性があります。
(あくまで今回の8月は私の場合なので参考までに。各自で確認してください。)

お忙しい所丁寧に対応いただき,誠にありがとうございました。

 


搭乗予定だったルフトハンザのA340-300。4基の細長いCFM56エンジンがカッコいい。
経営破綻が噂されてるルフトハンザ。4発機好きな経営体制が響いたか。

A380,B747-400,A340-600の退役加速など,マニアにとって残念なニュースが続くLH。
完全退役ではありませんが,保有数の減少は避けられそうにありません。
A343と一部のA346は一時的にラインから外すものの,需要回復後にライン復帰の計画もあるとか。
どうか,今の4発機大好き精神を大切にして欲しいところ(マニア感)。

経営破綻の話が出ているだけに,本当に全額返金されるか不安です。
しかし,このコロナの件は近年においては未曾有の事態。
最悪,返金されなかったとしても仕方ないかなと思います。
これはこれで思い出になりますし(苦笑)

再連絡の時期まで大人しく事態を見守りたいと思います。がんばれルフトハンザ!!
(果たして,航空券代8万円は帰ってくるのだろうか!?)

 

8/7 続報

8月になったためルフトハンザに電話してみたところ,
すんなりと返金申請することが出来ました。

クレジットカードへの返金になるそうです。
なお,返金時期は未定とのこと。(1-2ヵ月かそれ以上)
返金手続きが殺到しているみたいです。

あとは実際に返金されるのを待つだけですね。一安心。

 

コロナでキャンセル@JAL編はこちら↓↓

コロナでJALの国際線特典航空券を無料でキャンセルして頂いた話

  コロナが終息しない今日この頃。 2020年9月にJALの特典航空券でNY行きを計画していたのですが, 終息の見込みが立たないためにキャン ...

続きを見る

0

-ドイツ, ルフトハンザドイツ航空, 乗り物ネタ, 搭乗レビュー

Copyright© まったり空の旅 , 2020 All Rights Reserved.